【MTG 高騰】痕跡消し 対エンチャントデッキで光り輝く

痕跡消し MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年7月12日現在

今回の1枚

マジックによくあるデメリットの消し方として、「自分はそのカードタイプを使わずに全体除去を使う」というのがあります。一方的に1対複数交換ができるので、狙っていきたい戦術の1つですね。今日はそんな戦術がピッタリのカードをラヴニカ:ギルドの都よりご紹介。

痕跡消し Leave No Trace です。

痕跡消し

ボロスの兵士が街を巡回していないときでも、彼らの魔法は見回っている。

光輝という色を参照する効果を持っています。エンチャントを破壊するのですが、選んだエンチャントと同じ色のエンチャントを全て破壊するという効果です。

このカード最大の特徴は2マナという軽さでしょう。相手が同じ色のエンチャントを2枚でも出していれば、2マナのコモンがパーマネントを2つ持っていくことになります。それもインスタントタイミングで。

逆に言えば相手に共通した色のエンチャントがなければ解呪の下位互換。

解呪

もっと裏目があるとすれば自分のエンチャントを巻き込んでしまう恐れもあります。これは自分がエンチャントを使わないことで回避できますので、構築段階から工夫が必要ですね。

ちなみに、効果解決時の色が同じであればOK。なので、このカードを撃った後、スタックで色を変えるカードを使えば問題なく破壊できます。また、数は少ないですが無色のエンチャントは「無色は色ではない」という理由で破壊できないのでご注意を。

さらに勘違いが起きやすいポイントですが、色を宣言する必要はありません。なので、多色のエンチャントを破壊すればそれに含まれている色を持つエンチャントを全て巻き込めます

 

価格情報

痕跡消し価格

ぐいぐい上がってきました。最安は50円になっていますが、実際は200円ぐらいまで上がってきており、トリム平均は300円ぐらいまで到達していると見て良さそうです。

再録は一度もしていませんが、コモンということでたまにストレージで見かけたのはついこの前まで。流石に15年以上前のカードということで手に入りにくそうです。

 

高騰理由

高騰理由は想像通りでしょう。パウパーの需要です。ボロスアグロやジェスカイ系のコントロールがサイドボードに用意しているリストがいくつかありました。

パウパーには呪禁オーラ黒死病などのエンチャントを駆使したデッキがあるので、それらへの対策として使われています。

他には意外なところで統率者戦の皇の声、軽脚に入れているリストがあってビックリ。

皇の声、軽脚

エンチャント主体のデッキがエンチャントの除去入れてどうする??と思ったのですが、よく考えたら白単色のデッキになるので、他の色のエンチャントを狙い撃ちすれば自分に被害が出ない全体除去になるわけですね。リスティックの研究Mystic Remoraなどの採用率が高いエンチャント狙えば、大きな戦果をあげることができそうです。

リスティックの研究 Mystic Remora

 

今後の予想

予想が難しいのですが、再録の無い15年以上前のカードということで強気に行きたいと思います。トリム平均で400円ぐらいでしょうか?

最安が跳ねるのはほぼ確定なので、欲しい方は早めに押さえることをオススメします。

 

個人的な投資状況

無いかなと思ったのですが、奇跡的に3枚ありました。これは残しておこうと思います。

このカード普通にモダンとかでも使えそうですよね。あくまでもサイドボード要員だとは思いますが、今後の環境次第ではもう一度スポットライトが当たりそう。楽しみですね。

 

まとめ

本日は痕跡消しでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました