【MTG 高騰】織端の石 波及波及波及波及波及波及波及波及波及

織端の石 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年4月19日現在

今回の1枚

かつての高騰が懐かしいですが、再上昇の兆しがあるので紹介します。実際、少し上がってきていますね。コールドスナップの伝説レアファクト。

織端の石 Thrumming Stone です。

織端の石

非常に変わった効果を持った5マナ置物です。注釈文が異様に長いですが、効果文としてはたったの一行。

あなたがコントロールする呪文は波及4を持つ。

句読点すら入らないシンプルな一文ですね。細かい説明は注釈を読めばわかるかな?

(あなたが呪文を唱えたとき、あなたは自分のライブラリーの一番上から4枚のカードを公開してもよい。あなたは公開されたカードの中から、その呪文と同じ名前を持つカードを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。残りのカードをあなたのライブラリーの一番下に置く。)

簡単に言うと、呪文を唱えたとき「波及」の数字分デッキをめくり、同名カードがあれば唱えられるというものです。本来はカード自体が「波及」を持ち、自身と同じカードがめくれるかどうかという博打になります。が、ぶっちゃけ当たりません。60枚のデッキで4枚に同名カードが含まれている確率は低く、当たる可能性が高い状況はリミテッドでかき集められた時ぐらいです。

ただ、間違いやすいポイントですが、めくれた呪文も「唱える」ので、また連鎖のチャンスが生まれ、上手く行けば沢山打てる可能性があります。夢がある効果ですよね。しかし、再三書きますが、ぶっちゃけ当たりません。

では、今日のカード、織端の石ですが、少し事情が違っています。全ての呪文に波及4を与える効果なので、全ての呪文が連鎖する可能性があります。更に夢が見られるカードですね。

とはいえ、様々なカードが波及を持ったとしても確率が低いのは変わりません。では、使う方法は無いでしょうか?これがあるのがマジックの歴史がなせるシナジーの大海です。

そういえば、波及には「波及4」しかありません。今のところ。

 

価格情報

織端の石

ふわっと来ただけですが、数年前までは500円で買えたカードです。凄い価格になったもんだと感心しています。

ゼンディカーの夜明けのセットブースターから稀に出現するThe Listに再録されましたが、希少度はさほど変わっていません。15年前のカードですから少し流通したぐらいではビクともしませんね。

 

高騰理由

圧倒的に噛み合うカード群があります。それはデッキの中に何枚でも入れていいタイプのカード群です。効果テキストに「デッキに何枚でも入れていい」と書いてあるものがそうで、約2年前の高騰はまさにそのカードが起因していました。しつこい請願者ですね。

しつこい

このカードをデッキに30枚ぐらい入れておいて、織端の石を設置。あとはしつこい請願者を唱えては、めくれたしつこい請願者が連鎖し、まためくれ、盤面がしつこい請願者で埋め尽くされたら起動効果を使ってライブラリアウト。なんとも決まったらさぞ楽しいんだろうなというコンボです。

この他にもデッキに何枚でも入れていいカードは面白いものが多く、それらを有効活用する目的で織端の石は使われています。ちなみに、これらが有名です。

影生まれの使徒 執拗なネズミ

そして、今回のフワッと高騰はこの何枚でも入れていいカード群の新戦力が登場することが起因しているみたいですね。ドラゴンの接近です。

ドラゴンの接近

シンプルに統率者戦で鉤爪のジィーリィーランとかを使って、赤単ドラゴンを組んでみるのが面白そうですね。

鉤爪のジィーリィーラン

 

今後の予測

流石に高すぎると思います。今の価格をキープし、しばらくしたら緩やかに下がってくると思います。

問題はドラゴンの接近が統率者戦で大活躍するパターンですが、これはないと思っています。理由としてはシンプルで、ドラゴンはそんなことしなくても強いから。笑

以上です。

 

個人的な投資状況

1枚も持っていません。最後の1枚を友人にあげてしまいました。笑

しばらくは様子見ですね。安いところを見つけたら買っても良いですが、1,000円とかで見つけない限りは買わないと思います。

 

まとめ

本日は織端の石でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました