【MTG 高騰】スランの医師、ヨーグモス 若き天才外科医

スランの医師、ヨーグモス MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年8月12日現在

今回の1枚

モダンホライゾン2でモダン環境は激変しましたが、活躍はそこそこではあるものの面白いデッキというも出てきていますね。今日はそんな面白くて人気なデッキの中核となるカードを紹介します。初代モダンホライゾンの看板クリーチャー。

スランの医師、ヨーグモス Yawgmoth, Thran Physician です。

スランの医師、ヨーグモス

超有名キャラクターでもあるヨーグモスさん。その若かりし頃の姿を描いたカードになっています。

まず、プロテクション(人間)が穏やかじゃないですよね。笑

そして、1点ライフを支払って他のクリーチャーを生け贄にすると、クリーチャー1体に-1/-1カウンターを置いて1枚ドローします。この効果が非常に優秀で、マナがかからないのがポイント。横並びのトークンを使うデッキであれば弾は比較的簡単に用意できます。

最後にこれも優秀な効果ですが、黒2マナを支払ってカードを1枚捨てると増殖を行うというものです。増殖とは各パーマネントごとに乗っているカウンターを1つ増やすというものなので、-1/-1カウンターを1つずつばらまいた後に全て増殖なんて芸当も可能。

後半2つの効果に若干のシナジーがある自己完結型のカードだと言えますね。流石はモダンホライゾンの神話レア!

 

価格情報

スランの医師、ヨーグモス価格

いろいろあったんだろうなというのが分かりますが、ポイントは下がってきていたのにまた上がり始めたというところです。何らかの事情で再評価されない限り、こうはならないですね。

もう1つのポイントとして、時のらせんリマスターに旧枠バージョンで再録しています。流通量が上がり、値段が下がっていたのはこれが原因かと思いきや、古くからのファンがいるキャラクターなので旧枠は取引金額が元々高めです。時のらせんリマスターの発売が3/19なので、グラフもそこで一度上がりました。なので、今でも通常版は少し下に位置していることだけ把握できていればOKです。

 

高騰理由

デッキ名が面白くて、ヨーグモス医院と呼ばれているらしい。ざっくり言うとモダンの不死デッキです。不死とは死亡時に+1/+1カウンターが乗って復活するという効果で、+1/+1カウンターが乗っている状態だと復活しないという一回限りの復活効果になっています。

ゲラルフの伝書使

この+1/+1カウンターが乗った不死持ちクリーチャーの上に-1/-1カウンターを乗せるとルール上相殺されるので、不死の能力をもう一度誘発させることができるわけです。

更に2体の不死持ちクリーチャーがいると、2体のクリーチャーがお互いに+1/+1カウンターを消しあってライフが続く限りドローすることができます。これを活用したコンボ内蔵のビートダウンデッキ。それがヨーグモス医院ということですね。まあまあ人気みたいです。

強化された要素としてはモダンホライゾン2の下賤の教主がコンボの成立を早める要素になりました。

下賤の教主

 

今後の予想

人気デッキの中核をなすカードです。4枚ほぼ必須ですし、もう少し上がってもいいはず。最安もともに上がってきているので、確実に需要が供給を上回ってる状態なんですよね。

ちょうど2年前の初動が2,000円ぐらいだったので、そこを超えてくる可能性が十分にあると思っています。

 

個人的な投資状況

6枚持っていて、内4枚を友人に貸しています。笑

統率者戦とかでも有用なので、特に売らずにとっておく予定です。

 

まとめ

本日はスランの医師、ヨーグモスでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました