【MTG 高騰】逆嶋の学徒 ジャパニーズ・ニンジャ・ガクト

逆嶋の学徒 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年11月11日現在

今回の1枚

本日は再録が切望されているものの、なかなか期待通りには行っていない1枚です。マジックでも屈指の人気種族になっているのは日本人として嬉しく思います。特殊セット・プレインチェイス2012の忍者。

逆嶋の学徒 Sakashima’s Student です。

逆嶋の学徒

いいよね。忍者。海外から見たイメージの忍者なので、実際は日本人が思う忍者とギャップを感じることもありますが、日本を題材にしてカードが生まれることは嬉しいですね。

忍者は神河ブロックモダンホライゾンに多く登場し、レガシーでもまあまあ強い部類のデッキになっているほどの種族です。特徴的な能力はやはり忍術でしょう。忍術とは自分の攻撃クリーチャーがブロックされなかった場合、手札に戻すことで代わりに攻撃するというものです。忍者らしい能力で、素早く入れ替わり軽やかに戦闘ダメージを通していく様は使っていて非常に楽しい効果になっています。

しかも、楽しいだけではありません。この能力はメリットが多く、有用な効果です。基本的には通常に唱えるよりも軽いコストで出せることが多く、そのまま戦闘ダメージを通して効果を発揮できるものが多いです。ただし、ルールを理解して、上手に運用したいカード群になっていて、ルール上の大事な項目を列挙しておきます。

・起動型能力なので、打ち消されない
・クリーチャーを戻すのはコスト
・攻撃状態で出るが、召喚酔いはしている
・プレイヤーかプレインズウォーカーのどちらを攻撃している状態で出すかは選びなおせない
・戻すクリーチャーを対象に取らない
・二段攻撃持ちのクリーチャーの1回目の攻撃はそのまま通し、2回目の攻撃で忍術することも可能

特に1つ目と4つ目が大事で、間違われやすいルールです。

今回、紹介している逆嶋の学徒は戦闘ダメージを通した時の効果はないものの、戦場のクリーチャーのコピーとして場に出ます。これは自軍クリーチャーである必要は無く、相手の大型クリーチャーに化けることも可能です。もちろん起動効果や戦場に出たとき効果などを持っているクリーチャーをコピーした場合は使うことも可能で、戦略的に使ってあげれば一発逆転を産む面白さを持っています。

また、忍者のクリーチャー・タイプは失わないので、忍者サポート各種が受けられるのは大きなメリットです。

 

価格情報

逆嶋の学徒価格

実は高額カードなんですよね。ガタガタしているものの更に上がってきています。

2年前までは500円で買えるぐらいのカードだったのですが、モダンホライゾンでの忍者強化で高騰。そして、この度また上がってきています。供給が少なすぎるんですよね。

ちなみに忍者ということもあり、日本語版の方が高値で取引されています。これは虎の影、百合子などと同じパターンですね。

百合子

 

高騰理由

どうやらレガシーというよりは統率者戦の需要のようです。最近、こればっかですね。笑

使われているデッキは2つ。ジャイルーダとユリコです。

深海の破滅、ジャイルーダ

ジャイルーダ

偶数マナコストであり、戦場に出るときにジャイルーダのコピーとして出るクリーチャーを大量に採用することで連鎖的にクリーチャーを展開しようとするデッキです。逆嶋の学徒は非常に納得できますね。

 

虎の影、百合子

百合子

忍術を統率者領域から使える上忍術を持っている唯一のクリーチャーです。その為、ジェネラルとして使ってみたい方は多いはず。そうなると強力な忍者を多く採用したくなるので、逆嶋の学徒にお呼びがかかるのも当然でしょう。特に相手の場に大型クリーチャーがいることが多いゲームなので、その点を加味しても非常に優秀です。

 

他にはもちろんレガシーの忍者にも入ることがあるようです。必須カードというわけではないですね。

 

今後の予測

流石に高すぎるかなと・・・。8年前のレアとはいえ使われているデッキはそう多くありません。今の価格は適正よりも高いと見ていいでしょう。

もう十分な上がり幅なので、持っている方はそろそろ売ることを考えた方が良いと思います。

あと、モダンホライゾン2に収録される夢を見ました。笑

 

個人的な投資状況

意外と1枚もありませんでした。確か、以前売った気がする・・・。残しておけばよかったですね。

特にここからは追いかけるようなことはしませんが、もし再録されるようなことがあったら確実に下がるので、底値で押さえに行こうと考えています。

 

まとめ

本日は逆嶋の学徒でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました