【MTG 高騰】精霊術の熟達 戦力を分散し、人間を集結させよ!

精霊術の熟達 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年12月12日現在

今回の1枚

今日は友人から情報をもらったカードです。正直に申し上げますと…知りませんでした!情報は身近な存在であっても初めて見に来てくださった方でもありがたいものです。シャドウムーアのレアエンチャント。

精霊術の熟達 Elemental Mastery です。

精霊術の熟達

面白いトークン生成カードで、クリーチャーに貼るタイプのオーラになっています。エンチャントしたクリーチャーは自身をタップすることで自身のパワーの数だけ1/1の速攻持ちクリーチャートークンを場に出せますよという効果です。出たクリーチャートークンは終了ステップに追放されます。

大型クリーチャーに貼り付ければ一気に大量のトークンを展開できるのですが、冷静に考えるとその大型クリーチャーで殴った方が速いのでは?という問題がありますね。やや効率の悪いカードですが、相手のブロッカーが少ない時や不利な相打ちが想定されるときなどは、自身を守りつつ戦力を分散させて攻撃できるのでいいかもしれません。実質、「破壊不能とトランプルを与えている」に近い性質を持っています。

さらに攻撃的なカードなので意外と見落とされがちですが、最大の真価はその防御性能です。毎ターン、合計のパワー値を落とさずに大量のチャンプブロッカーを出し続けることができるので、強固な壁として機能します。

ルール的な注意点は2つ。まず、オーラを貼ったクリーチャーがブロック後に効果を起動してもブロック宣言のタイミングは終わっているので、出たトークンはブロックに参加できません。これは攻撃時も同じで、攻撃宣言後なんらかの効果でアンタップし起動したとしても攻撃宣言は終わっています。2つ目としてこの効果は精霊術の熟達が貼り付けたクリーチャーにタップ起動の効果を与えるというものなので、召喚酔いの制限を受けることに注意です。

 

価格情報

精霊術の熟達価格

取引件数はかなり少なそうですが、市場現存枚数が極端に少ない状態だと思います。ほとんど在庫がないみたいですね。

再録は一度もなく、知名度的にも低いカードだと思います。使われていれば高騰する土台は整っていますが果たして・・・。

 

高騰理由

圧倒的に相性の良いカードがあります。軍団のまとめ役、ウィノータです。

軍団のまとめ役、ウィノータ

どちらかと言うと1体の攻撃力よりも攻撃の手数が大事になってきます。軍団のまとめ役、ウィノータに貼り付けることで誘発を4回増やせるわけです。これは相性抜群ですね。

デッキの都合上、デッキの中の人間クリーチャーを厚めに採用しなくてはいけない関係で、少ない枚数で多くの人間ではないクリーチャーを産み出せるカードは重宝されます。

これはモダンでも成立する組み合わせですが、どちらかと言うとスロットに余裕がある統率者戦が向いていそうです。統率者戦ではかなり強い部類に入る軍団のまとめ役、ウィノータで使われているとなれば高騰するのも納得ですね。

 

今後の予想

価格としてはここまでだと思います。手に入りにくくなっているとはいえ、使われているデッキもピンポイントです。

いずれ在庫が復活してきて下がる可能性もあると見ています。

 

個人的な投資状況

なんだかんだ1枚だけありました。これは売ってしまっていいと思います。

それにしても統率者戦の強いデッキに入る唯一性のあるカードは軒並み高騰する傾向にある気がする・・・。まあ当然か・・・。K君、これからも情報頼むよ!

 

まとめ

本日は精霊術の熟達でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました