【MTG 高騰】焦熱の衝動 「ああ、もうお手上げね。」

焦熱の衝動 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年12月11日現在

今回の1枚

以前にも書いたことがあるのですが、赤いカードはどうしても高騰カードが少なくなります。特徴である火力には原点にして頂点の稲妻が存在し、戦略は最もスピード重視になることが多い色なので多様性が少ないとも言えます。そんな中、赤いカードで、しかも火力の高騰カードがありますのでご紹介。オリジンのコモンカード。

焦熱の衝動 Fiery Impulse です。

焦熱の衝動

「ああ、もうお手上げね。」

コモンらしい軽量火力で、強いカードではありません。1マナでクリーチャー限定の2点火力になっていて、魔巧を達成しているとそれが3点になります。魔巧とは墓地にインスタントorソーサリーが2枚以上溜まっている状態です。

魔巧の注意点として、このカードを唱えた時点ではまだ墓地に落ちていないため、このカード以外に2枚のスペルが落ちている必要があります。使った呪文はスタックに積まれ、解決待機中になるので、簡単に言うと宙に浮いている状態だと考えると分かりやすいです。

過去の1マナ火力に比べるとパワー不足は否めませんが、高騰するからには理由があります。ひとまず、価格情報をどうぞ。

 

価格情報

焦熱の衝動価格

最安10円カードの大出世。ストレージに放り込まれているようなカードでしたが、トリム平均で100円を超えてきました。

そういえば再録は一度もしていないですね。

 

高騰理由

やはりモダン以下となると対抗馬が多いので、使われているのはパイオニアということになります。パイオニアの赤いデッキで、軽量の火力が大事になってくるデッキとなるとイゼットフェニックスでしょう。

弧光のフェニックス 考慮

最近のパイオニアでは間違いなくTier1です。ここに採用されていることでの高騰でしょう。

他の有力なデッキはスピリット、赤単バーン、ジャンドサクリファイス、アルカニストなどなど。パイオニアはかなり速いデッキが多い高速環境になっています。ミラーマッチも含めて、軽い除去の重要性が上がっているわけですね。

ただ、他にも多くの火力や除去が存在する中、なぜこのカードなのかというと、イゼットフェニックスにおいて、上手く行けば2ターン目ぐらいには3点火力として運用できるからだと思います。あくまでもクリーチャーにしか当てられない火力なので、採用枚数としてはメインから4枚フル投入のリストは少ない印象ですが、環境にマッチしたカードですね。

 

今後の予想

すでに十分な価格でしょうか?市場現存枚数的にもしんどい状況ではなさそうなので、ここまでの予想です。

収録されたマジック・オリジンが発売してから6年経ちますが、コモンですし、こんなもんでしょう。

 

個人的な投資状況

まさかの2枚のみ。あれ?なんで?って感じです。コモンなどはなるべく広く集める用にしているのですが、たまにあるんですよね。

イゼットフェニックスを作る予定はありませんが、今のうちに4枚にはしておこうと思います。

 

まとめ

本日は焦熱の衝動でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました