【MTG 高騰】かき消し スタン環境にばっちりハマっています

かき消し MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年10月8日現在

今回の1枚

今日はスタンダードのカードです。思った以上に使われているデッキが多いので、ここで環境の整理もかねて記事にしてみようと思います。ニューカペナの街角よりコモンの打ち消し。

かき消し Make Disappear です。

かき消し

よくあるタイプのマナを要求するタイプの打ち消しで、2マナを追加で支払わないと打ち消します。効果自体は火消しですね。

火消し

ただ、このカードは上位互換になっていて、パワー1以上のクリーチャーを生け贄にするとコピーできます。なので、追加コストさえ払えば4マナ要求orスタック上の2つの呪文に対し2マナずつ要求となり、スタンダードにしては悪くない打ち消しになりますね。問題はクリーチャーを失ってまで要求マナを増やすかどうか?トークンが頻繁に出るデッキであれば使いやすいと思いますが、デッキを選びそうだなという印象。でした。今の環境を見るまでは・・・。

 

価格情報

かき消し価格

優良コモン感のある価格になってきました。すでに落ち着いてしまったみたいですが、コモンが一気に100円突破したのはすごいですね。

もちろんスタンダードのコモンでも優秀なものは100円オーバーになることはありますが、だいたいそういうカードは初めから評判が高いことが多い印象です。ただ、今回のカードは悪くないぐらいの評価だった気がするので、ちゃんと評価を上げて高騰したパターンだと思います。

 

高騰理由

まず、使われているのはスタンダードです。コモンということでパウパーが頭をよぎりますが、パウパーには対抗呪文を始めとする強力打ち消しがあるので活躍は難しいです。

対抗呪文

では、肝心の使われているデッキですが、スタンダードの青単でよく見かけます。

秘密を掘り下げる者 とんずら

追加コストをあまり使うことは無く、普通に軽量の打ち消し枠として活用されていますね。

ただ、今のスタンダードは黒が飛びぬけて強いということで、黒を含むデッキが全盛です。中でも黒と青を両方使うエスパーとグリクシスのミッドレンジがトップ2でしょうか?

策謀の予見者、ラフィーン 穢れたもの、ソルカナー

中盤のクリーチャーがかなり強い印象で、叩きつけて押し切るデッキが環境でも幅を利かせています。叩きつけたクリーチャーを守る目的で軽量カウンターの需要が増してきたというのが高騰理由です。また、これらのミッドレンジは毎ターンマナをちょうど使い切って動くことが多いので、相手にしても刺さりやすい事情がありますね。

 

今後の予想

広く使われていることを考慮するともう一段上がることもありそうですが、予想としてはここまでかなと思っています。何故かと言うとスタンダードのコモンとしてはすでにトップ5に入る価格になっていますし、比較的新しいパックでまだ開封による供給があることを考えると、十分な価格だという判断ですね。

ただ、スタンダードはまだまだ追加のセットが3つ来るので、今後の動向には注目したいと思います。

 

個人的な投資状況

3枚ありました。ニューカペナの街角はあまり集められていないですね。パックから出た分だけという感じです。

正直、スタンダードを紙でやる予定は今のところありませんが、念のため1枚買って4枚にしておこうと思います。

 

まとめ

本日はかき消しでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました