【MTG 高騰】ヴェールのリリアナ ルールスの呪いは解かれた

ヴェールのリリアナ MTG 高騰
スポンサーリンク

アンタップ、アップキープ、どーも

MTGアカデミーのジンです。

今日も価格リサーチ&ディスカッションしていきましょう!

2020年6月16日現在

今回の1枚

本日は超有名カードです。マジックやったことない方でも知ってるんじゃないかな?

黒が好きな皆様からは最強のプレインズウォーカーはこのカードだという声も聞こえてきます。イニストラードより、黒のプレインズウォーカー。

ヴェールのリリアナ Liliana of the Veil です。

ヴェールのリリアナ

相変わらず美貌がすごい。一度見たら忘れられないイラストはマジックの中でも特に有名な部類です。イラストのインパクトもさることながら、効果も強烈です。

+1:全員、手札を1枚捨てる
-2:対象のプレイヤーはクリーチャーを1体生け贄にする
-6:対象のプレイヤーのパーマネントが半分になる

-6が特にざっくりした言葉になっているので、それぞれ解説します。

まず、+1は分かりやすいですね。全員1枚捨てるわけですが、これが逆転の芽を摘む厄介な効果であることは相手にして体感すればわかります。単純にリソースが削られるだけではなく、忠誠度が上がるんですよね。ヴェールのリリアナ側としては、捨てるカードを工夫してタルモゴイフのサイズを上げたり、リアニメイトの準備をしたりと起用に立ち回ることができます。

次に-2がかなり強力で、相手クリーチャーが1体のみであれば確定除去になります。除去耐性のあるクリーチャーでも1体であれば除去できるので、破壊不能も呪禁も効きません。(ただし、相手プレイヤーが呪禁を持っている場合は使えません。)「自分を守れるプレインズウォーカーは強い」の鉄則から言うと、とても理にかなっている効果です。

最後に-6の奥義ですが、基本的には決まればほぼ勝ちでしょう。ただし、間違えなければ・・・。相手のパーマネントを2つの束に分け、どちらかを残し、どちらかを生け贄にします。致命傷を与える分け方にはなれが必要ですが、破壊力は抜群。例えば、シンプルに土地もクリーチャーも半々にするのも良いですし、あえて土地とクリーチャーに分けるなんてこともできます。小技もたくさんあって、相手が白主体のクリーチャーデッキを使うなら、「白い土地」と「それ以外」という風に分けるのも効果的。クリーチャーを残すと白マナが枯渇し、大事な白マナを残すとクリーチャーを全て失うことになるわけです。他にも無数にパターンがあり、テクニカルな奥義で、極めたくなりますね。

 

価格情報

ヴェールのリリアナ価格

少し、高騰で紹介するかは迷いましたが、最安が1,000円近く上がっていることを考慮しての判断です。緩やかではあるものの、値上がっているのは間違いないですね。

もともとは10,000円オーバーでしたので、これでも落ち着きました。今買えばヴェールのリリアナが5,000円台で買えたことってあるのかな?かなり前にはあったかもしれませんが、ここ5年くらいでは間違いなく最安になっていると思います。欲しい人は急いで買うべき!

 

高騰理由

これはまさに異変だったのですが、長年ジャンドの必須カードであったヴェールのリリアナが採用されないことが最近はよくありました。何故かというとルールスの影響です。この件は以前記事にもしました。(以前の記事はこちら。)

ルールスの圧倒的な力が「ヴェールのリリアナ<2マナ以下構築」の状況を作り出し、ジャンドにヴェールのリリアナが入っていないという、歴史を見てもかなり稀な状況になっていたわけです。ただ、その後ご存じの通りルール変更が来ています。

ルールの変更が来たなら、元に戻るだけ。もともと誰もが認める強力デッキです。単純に採用枚数が元に戻ったことこそが最大の高騰要因だと思います。

最近はルールスの相棒利用を諦めたものの、メインデッキに1・2枚採用し、ミシュラのガラクタ1マナ除去を使いまわすギミックだけは残したタイプも登場。ルールが変わっても使われ続けるルールスもすごいですが、やはり、ヴェールのリリアナの安定感は随一でしょう。これからもジャンドの顔である続けると思います。

 

今後の予測

イコリア:巨獣の住処よりも前の状態、すなわち9,000円ぐらいまで戻りそう。固く予想するなら8,000円以上というところです。ダブルマスターズでの再録・・・は流石になさそう。

何度かマスターズで再録されてるものの、人気・価格は全く衰えず、高値を維持し続けているカードです。信じて待つのが吉だと思っています。

 

個人的な投資状況

実を言うと、個人的にはあまり好きなカードではありません。私はどちらかというとフェアなビートダウンが好きなので、手札破壊と除去からのヴェールのリリアナの流れを持つジャンドは常に天敵にあたる存在です。個人的にヴェールのリリアナを主軸に据えたデッキは組むことないと思います。

とはいえ、3枚持っていて、なんだかんだ1枚は統率者戦で使っています。

そういえば3枚の内、一枚はマジックフェスト(当時グランプリ)の会場で、1,500円くじから引きました。嫁と一緒に遊びに行ってましたが、初心者の嫁でも知ってるようなカードだったので、大盛り上がりでしたね。当時の価格は9,500円ぐらいでしたので、大勝利。良い思い出です。

 

まとめ

本日はヴェールのリリアナでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、

知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

メールアドレスなしでもコメントできるようになりました。

 

このブログも立ち上げたばかりなので、

記事の形式やサイトの見易さなどにもご意見なども頂けると嬉しいです。

 

それでは、今日もマジックで稼いでいきましょう。

MTGアカデミーのジンでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました