【MTG 高騰】孤独 こんなに必要とされるなら孤独じゃないよね

孤独 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年10月25日現在

今回の1枚

昨日の記事が思った以上の反響で驚いてます。是非とも拡散いただけたら嬉しいです。また、私の拙い文章についてご指摘もいくつかいただいているのですが、できるだけの表現を選んでしているのでご容赦頂けたら幸いです。ということで、何事もなかったように高騰カード紹介に戻りますよ!今日は比較的最近のカードです。モダンホライゾン2の神話レアサイクルの1枚から。

孤独 Solitude です。

孤独

おいおい。このカードが高いのは知ってるよ。と思われた方も多いと思いますが、ちょっと値上げ幅が急加速しています。高騰理由で詳しく解説するということで、まずは効果の解説から。

5マナ、瞬速、絆魂。そして出たときに剣を鍬にを放ちます。

剣を鍬に

これだけだとそこそこ強い程度のカードですが、想起が付いているのが特徴です。想起は通常のマナコストと違う想起コストで唱えることで、一度戦場に出るものの即墓地送りになるというものになっています。つまり、戦場にクリーチャーを残せない代わりに出たとき効果だけを使えるわけです。で、このカードが強いのはその想起コストが手札の白いカードを追放するだけになっているのがポイント。手札を2枚消費することになりますが、0マナで追放除去を打てるの破格の性能ですね。

ちなみに、サイクルになっていて各色に存在します。

白:孤独/Solitude⇒追放除去
青:緻密/Subtlety⇒クリーチャーorプレインズウォーカー打ち消し
黒:悲嘆/Grief⇒ハンデス
赤:激情/Fury⇒4点ダメージ振り分け
緑:忍耐/Endurance⇒墓地対策

 

価格情報

孤独価格

順調に初動を超えて上がり続けています。いつの間にかサイクルの中で最高額になりました。

しかし、このサイクルは黒が最高額になったり、緑が最高額になったり忙しいですね。5枚全部が強いから起きることなんでしょうけど、良調整の素晴らしいカード達を作ってくれたなと頭が上がりません。

 

高騰理由

登場から様々なデッキで使われています。例えば、モダンのエレメンタルや白黒石鍛冶といったデッキが主戦場です。

発現する浅瀬 石鍛冶の神秘家プロモ

これらの環境でも屈指の強デッキに加えて、最近になって白青コントロールがtier1になったことで更に活躍の幅を広げました

対抗呪文 至高の評決

コントロールデッキに共通する問題ですが、相手の脅威を捌き切った後の勝利プランをどのぐらい入れるかというのが難しいです。勝つためのカードを入れすぎると捌き切れなくなるし、逆もまたしかり。その点を考えると、基本は除去として使い、終盤には相手のエンドにスキを突いて出てくる絆魂持ちの3点クロックはゲームを決める手段として有用です。

まさにデッキの特性とスペックがマッチした結果の高騰ですね。

 

今後の予想

基準は同じサイクルの忍耐が最高額8,000円まで行ったところだと思います。

忍耐

それ以上は難しいと思いますので、行っても7,000円過ぎたところが妥当でしょう。ある程度パックが剥かれ切っていることも考えると、そこで高騰は止まるかなと思います。

 

個人的な投資状況

自分用で4枚押さえています。パックから引いた分と個人的に集めた分だったと思う。モダンがメインの私にとっては、ここまで使えるカードは投資して残すよりも使いましょうとなるので、もはや入手経路を覚えてません。笑

もちろん、売る予定はないので、擦り切れるまで使おうと思います。

 

まとめ

本日は孤独でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました