【MTG 高騰】迷路の終わり 門が増えたから高騰。これだと50点

迷路の終わり MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年5月21日現在

今回の1枚

実は777記事目です。今日は話題のカードをご紹介。新規カードが次のセットに9枚も収録されるとアナウンスがあれば、そりゃ上がるよね。マジック史上、空前の残念セット。ドラゴンの迷路より、土地カードを紹介します。

迷路の終わり Maze’s End です。

迷路の終わり

神話レアらしい能力満載の土地で、門を10種集めると特殊勝利できます。手順としては「3マナ+タップ+戦場にある迷路の終わりを手札に戻す」までがコストで、デッキの中から門カードを場に出し、その後10種類の門をコントロールしているとゲームに勝利するというものです。

土地としての基本性能がタップインかつ無色1マナなので、かなり微妙。そして、特殊勝利の効果もまどろっこしいので、現実的に目指せるかどうかと言われるとかなり難しいです。やはり、自身の効果を起動しないといけない特殊勝利のトリガーが評価を下げる要因かと思います。フレーバーの性質上、自身が門を持たないのも残念です。

 

価格情報

迷路の終わり価格

散々酷評しておいてなんですが、思いっきり上がってきました。実は二度目の高騰です。

一度目はラヴニカのギルドブロック再訪時に門の強化パーツが収録されたことでの高騰。ということは今回の高騰は・・・。

 

高騰理由

これはすでに話題になっているので、ご存じの方も多いと思います。また門カテゴリーの強化が決まりました。6月発売の統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦いにて新しい門カードが登場します。

バルダーズ・ゲート

9種類あるらしく、門が一気に増えるので特殊勝利が狙いやすくなります。ただし、このカードが使えるのはレガシー以下の環境ですし、タイマン戦ではややきつい状況が変わるわけではありません。あくまでも統率者戦で使ってくださいというデザインですね。

そして、もう一歩踏み込むと、「門が一気に増えるので特殊勝利が狙いやすくなる」これだけでは不十分です。今までの門は11種類あり、内10種は2色の色マナが出る「ギルド門」でした。これの何が問題なのかと言うと、統率者戦で迷路の終わりを使った門デッキで特殊勝利を狙うのであれば5色の統率者が必須になります。この問題が新しい門の登場によって種類が増え、解消されるわけですね。5色でなくても土地を操るのが得意な3~4色ぐらいのジェネラルで十分に運用できるようになる可能性があります。今後、発表される門に色マナシンボルが書かれてなければ・・・ですが。

 

今後の予想

ひとまずはここでストップ予想。どれほど有能な門が出るかにかかっていますが、よほど強いものが出てきても安定した特殊勝利デッキになる確率は低いと思います。

欲しい方は待ってみてもいいかもしれませんね。

 

個人的な投資状況

9枚ありました。これは儲かりそう。

念のため1枚はキープします。それ以外はさっさと売りで良いかなと思います。

 

まとめ

本日は迷路の終わりでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました