【MTG 期待の1枚】戦慄掘り 誰もが見世物の一部となっている。

戦慄掘り MTG 期待の1枚
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

本日は、値上がる予想をしているものの、まだ上がってきていないカードを紹介する【MTG 期待の一枚】です。

2022年5月22日現在

今回の1枚

パイオニアの盛り上がりを受け、ここ10年ぐらいの優良カードに注目が集まっています。中でも環境を定義する除去の存在には注目すべきです。今日はラヴニカへの回帰より、汎用性の高い除去をご紹介します。

戦慄掘り Dreadbore です。

戦慄掘り

ラクドスの支配する地域では、誰もが見世物の一部となっている。

シンプルかつ強力な一行で効果が表現されています。クリーチャーかプレインズウォーカーを1体破壊します。もはや効果の説明は不要でしょう。

ただ、問題点が2つあって、1つ目は色拘束がまあまあキツイということです。ある程度赤と黒が不自由なく出せるデッキでないと運用は難しいと思います。

2つ目はソーサリーであることです。除去は相手の行動に対して使うと1:1交換以上を期待できるので、インスタントであるだけで価値は上がってきます。このカードは広い対象範囲と軽さが飛びぬけている代わりにインスタントを失った除去という見方もできるでしょう。

 

価格情報

戦慄掘り価格

ちょっと上がってきていますね。高騰でもよかったかな?と思いながらもトリム平均の動きが鈍いので【期待の一枚】としました。

細かい再録がいくつかあり、Archenemy: Nicol Bolas、ギルドキット、Secret Lairなどなど。4枚揃えるのが難しいバージョンは人気が低く、これらの再録がなければもっと高い水準だったと思います。

 

注目理由

パイオニアが制定されてから数年たちました。その間、ずっと赤黒は強い状態が続いているように思います。普通のビートダウンに始まり、サクリファイス系や吸血鬼シナジーなど、コンボの少ないパイオニアならではの正統派デッキが赤黒に多い印象です。現在はビートダウンとサクリファイスが頑張っており、かなりよく見かけますね。

であれば、赤黒カラーの除去はそれだけで価値がありそうですが、そこまで簡単な話ではないので、今まで何故この値段でくすぶっているのかという話をします。

パイオニアはモダンなどと比べてコンボが少ない環境です。これは当たり前で組み合わせるカードの枚数が少ない以上、どうしても環境はまっすぐ攻める正統派が多くなります。もっと言うと、コンボだとしてもクリーチャーコンボが多くなりやすいです。

なるほど、クリーチャーで攻めるデッキが多く、コンボだとしてもクリーチャーを絡ませてくる場合が多いとなるとクリーチャー除去の価値が高そう。なんですが、ここで問題はパイオニアのクリーチャーコンボはそろったターンに動き出してしまうところです。

軍団のまとめ役、ウィノータ 大牙勢団の総長、脂牙

その為、戦慄掘りはソーサリーであることが災いして間に合いません。多少マナコストが重かったり、範囲が限定されていたりしてもインスタントタイミングの除去の方が使いやすいでしょう。

では、何故このカードを期待の一枚としたかというと、クリーチャー除去としてではなく、プレインズウォーカー除去として有能だからです。昨今、プレインズウォーカーの質が異常に高くなっています。

大いなる創造者、カーン 勝負服纏い、チャンドラ

放浪皇 傲慢な血王、ソリン

これらのカードを2マナで確定除去できるカードとしてサイドボードに居場所があるのは間違いありません。パイオニアの盛り上がりとともに値上がってくるカードだと見ています。

 

今後の予測

1,000円ぐらいしても良いカードでしょう。再録版が700~900円ぐらいで取引されたとしてもトリム平均は1,000円前後でもおかしくないカードだと思います。

また再録があるかもしれませんが、現時点ではジワジワと1,000円に向かって上がってくる予想です。

 

個人的な投資状況

使っている分も合わせて12枚ありました。本当に便利なカードですね。終盤でも腐らないのがエライです。

赤黒のデッキを作るたびにサイドボードに入れることになるので、よほど儲かる状況にならない限り売らなくていいと思います。

 

まとめ

本日は戦慄掘りでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました