【MTG 期待の一枚】灯争大戦 ローテ後も注目のカード

灯争大戦 MTG 期待の1枚
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年9月8日現在

はじめに

昨日に引き続きシリーズ記事です。

シリーズの内容としてはゼンディカーの夜明けが発売した後、スタンダードからローテーション落ちが発生します。落ちるセットはラヴニカのギルドラヴニカの献身灯争大戦基本セット2020の4つですね。それぞれのセットごとに投資候補カードを紹介しようというシリーズです

スタンダード落ち後に価格が上がる可能性がある理由は以前の記事をご覧ください。(昨日の記事はこちら。)

第3回目の今日はその中の灯争大戦から注目カードを紹介していきます。

また、パックの在庫が枯渇し、プレミア価格になっていますのでお早めに。

<日本語版BOX>

<英語版BOX>

日本語限定イラストのプレインズウォーカーが収録されている兼ね合いで、やはり日本語版の方が高価になっていますね。

 

注目カード

色順に紹介していきます。ランキング形式ではありません。

注目理由をざっと押さえつつ、いくらなら買うという基準と一緒に紹介していこうと思います。それぞれカード名の後に()で買い基準を書いておきました。この金額よりも安かったら買うという感じです。

全て、私が実際に集めているカードとその買い基準ですので、参考になればと思います。

 

日本語絵プレインズウォーカー

これはあえて説明しません。とにかく日本語絵は無限回収です。特にレア以上とナーセット、アショクは間違いないと思ってます。個人的にももちろん無限回収中。

プレインズウォーカーはキリがないので、排除して書いていきます。

となると、灯争大戦は投資できる注目カードが若干少なくなりますが、白から順にどうぞ。

 

★高名な弁護士、トミク(10円)

高名な弁護士、トミク

幽霊街、地盤の際、廃墟の地などを使いまわすようなランデスデッキが出てくれば、ヘイトベアーが使うかもですね。

 

★論議を呼ぶ計画(10円)

論議を呼ぶ計画

キャントリップ付きの増殖は偉い!マジックには様々なカウンターがあります。使い方は沢山あるはずですから頑張って探しましょう。

 

★迷い子、フブルスプ(10円)

フブルスプ

どれだけ条件が厳しかろうが、2枚ドローは優秀です。統率者戦のジェネラルとしてもコンボがあるそうな。やっぱり変幻の杖ですかね?

 

★ボーラスの城塞(20円)

ボーラスの城塞

長々と書いてますが、つまり悪いことをしてくれということですね。探検クリーチャーを使ったコンボもあったので、そのままパイオニアでも活躍するかもしれません。

 

★戦慄衆の指揮(10円)

戦慄衆の指揮

派手なリアニメイト呪文であり、プレインズウォーカーを釣れるというロマンは魅力的。ライフロスを帳消しにする方法もいくつかあるので、ものすごいコンボが組めそうです。

 

★ケイヤ式幽体化(10円)

ケイヤ式幽体化

このカード強くないですか?追放への耐性はかなり珍しいですね。流刑への道などがあるモダンは対応されてしまうので厳しいですが、パイオニアやパウパーならワンチャン!?

 

★ラゾテプの肉裂き(10円)

ラゾテプの肉裂き

2マナでゾンビが2体並ぶと考えると非常に意義のある一枚。ウィノータなどで活用された実績もあります。イニストラードにまた来訪するそうなので、その点でも期待です。

 

★リリアナの勝利(10円)

リリアナの勝利

布告除去はここまで強くなりました。リリアナをコントロールしているときのオマケが増えているだけではなく、プレイヤーを対象に取ることもなくなっています。呪禁クリーチャーを倒せるだけではなく、対戦相手に呪禁がついていても問題ないのは素晴らしい。

 

★戦慄衆の秘儀術師(180円)

戦慄衆の秘儀術師

全フォーマットで可能性あり。以上。今のうちに。

 

★樹上の草食獣()

樹上の草食獣

ベストコモンはこれでしょう。一昔前ならマナが必要かタップが必要かしていたレベルの効果です。幅広いフォーマットでランプデッキのオトモになると思います。

 

★破滅の終焉(400円)

破滅の終焉

無限マナの受け皿としても優秀。キーパーツが墓地に落ちてしまっても問題ないのが特に偉いポイントです。今後も研究しがいのあるカードだと思います。

 

★花粉光のドルイド(10円)

花粉光のドルイド

論議を呼ぶ計画と同じく2マナ増殖にオマケつき。期待できます。

 

多色

★ドビンの拒否権(10円)

ドビンの拒否権

白青コントロールは不滅。レガシーとかでもやれると思います。

 

★新生化(10円)

新生化

ネオブランドとかで使われていますので、もともと下環境向きのカードです。となるとコストを踏み倒せる系の大型クリーチャーが登場するたびに注目されるでしょう。

 

★混種の頂点、ロアレスク(20円)

混種の頂点、ロアレスク

統率者戦のジェネラルとして期待の一枚。最近のシミックカラー推しで追い風があるのも良いですね。

無色

★王神の立像(10円)

王神の立像

早出しできることが前提ですが、かなりの支配力を誇るカードです。呪文連打系のデッキに対してトロンなどが使ったり・・・どうでしょう?私は可能性を感じています。

 

土地

★爆発域(200円)

爆発域

土地から除去が打てる。これだけで十分に活躍できる余地あり。ウィニーなビートダウンには即起動で1マナ全破壊だけでも効果はあると思います。

 

まとめ

本日は灯争大戦から注目カードの紹介でした。

明日は基本セット2020です。ご期待ください。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

  1. はじめまして
    いつもブログの方拝見させて頂いております

    灯争大戦ですが、リリアナ等日本語FOILの影響で剥かれに剥かれまくっているので他のカードが高騰するのは当分先になるかなーと思ってます。

    今後発売される新セットの影響でシナジーが発見されればその限りではないですが……

    • コメントありがとうございます!はじめまして。
      剥かれまくってるのは間違いないですね。
      それもあってか買い基準がほぼ全て10円になってます。
      どちらかというと出回っていて集めやすいという意識に変えて、集めていってる感じですね。
      また見に来てください!

タイトルとURLをコピーしました