【MTG 期待の一枚】基本セット2020 ローテ後も注目のカード

基本セット2020 MTG 期待の1枚
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年9月9日現在

はじめに

昨日に引き続きシリーズ記事です。

シリーズの内容としてはゼンディカーの夜明けが発売した後、スタンダードからローテーション落ちが発生します。落ちるセットはラヴニカのギルドラヴニカの献身灯争大戦基本セット2020の4つですね。それぞれのセットごとに投資候補カードを紹介しようというシリーズです

スタンダード落ち後に価格が上がる可能性がある理由は以前の記事をご覧ください。(昨日の記事はこちら。)

最終回の今日はその中から基本セット2020の注目カードを紹介していきます。

また、パックの在庫も少なくなってきているのでお早めに。

<日本語版BOX>

<英語版BOX>

 

注目カード

色順に紹介していきます。ランキング形式ではありません。

注目理由をざっと押さえつつ、いくらなら買うという基準と一緒に紹介していこうと思います。それぞれカード名の後に()で買い基準を書いておきました。この金額よりも安かったら買うという感じです。

全て、私が実際に集めているカードとその買い基準ですので、参考になればと思います。

 

★帰寂からの帰還(20円)

帰寂からの帰還

似ている日本語で上手いこと翻訳されたサイクルの白です。アグロデッキで戦線の維持に使ってもよし、フェッチランドを戻してもよし、等時の王笏で暴れてもよし。

 

★霊気の疾風(20円)

霊気の疾風

なかなか広く触れる色対策カードサイクルの青です。ちなみにこのサイクルの緑はあの夏の帳です。(以前の記事はこちら。)

 

★抽象からの抽出(10円)

抽象からの抽出

創案の火で使うと非常に使い勝手が良かったので、個人的な感覚で注目してます。ほぼ時を越えた探索ですから。帰寂からの帰還と同じサイクルですね。

 

★物語の終わり(50円)

物語の終わり

カードが多様化する下環境でこそのカード。フレーバーテキストが好きです。「君が死んだ後、誰かが君の物語を思い出すだろうか?」

 

★対称な対応(10円)

対称な対応

これも似ている日本語で上手いこと翻訳されたサイクルです。コンボデッキでお呼びがかかる可能性がありますね。書庫の罠とのコンボでライブラリアウト戦略でも使われそうです。

 

★血の取引者、ヴィリス(10円)

血の取引者、ヴィリス

統率者戦で大活躍。クリーチャーは死滅し、手札が切れなくなります。ジェネラルとして使っても面白いですね。

 

★丸焼き(10円)

丸焼き

2マナのインスタント5点火力が弱いはずなし。色対策カードサイクルの赤ですが、大抵の白・青クリーチャーを葬れます。弱点はウーロが焼けない点ぐらい。

 

★無法の猛竜(20円)

無法の猛竜

墓地に行きたいクリーチャーや死亡誘発を能動的に使える気がして注目中。心なき召喚みたいな使われ方をすることもあるのでしょうか?

 

★エルフの開墾者(200円)

エルフの開墾者

何枚買うんだってぐらい集めているカードがこれです。下環境にはフェッチランドがあるので、アタッカーとしても活躍でき、暗黒の深部を使うようなデッキでも使われています。

 

★凶暴な見張り、ガーゴス(10円)

凶暴な見張り、ガーゴス

ハイドラが4マナ軽くなる??強いやん。ハイドラはXマナで唱えられるものも多いので、ものすごい強いハイドラ待ちです。ハイドロイド混成体みたいなね。

 

★変容するケラトプス(30円)

変容するケラトプス

コントロールキラーの筆頭。パイオニアでコントロールが流行ったらスポットライトが当たりそうです。普通にパワータフネスが優秀なのも重要だと思います。

 

多色

★発現する浅瀬(20円)

発現する浅瀬

最後の手札に加えるがほんとに偉い。エレメンタルはこれからも出続けると思うので、またエレメンタルランプみたいなのが出てきたら面白そうです。

 

★隠された手、ケシス(50円)

隠された手、ケシス

パイオニアでは禁止です。ただ、今後も変なコンボを産むのは間違いないでしょう。

 

★風の憤怒、カイカ(30円)

風の憤怒、カイカ

統率者戦でどうぞ。以上

 

★冒涜されたもの、ヤロク(180円)

冒涜されたもの、ヤロク

統率者戦でどうぞ。その2。以上

 

無色

★巨像の鎚(10円)

巨像の鎚

装備コストの踏み倒しが出てくるたびに注目されていますが、大きな活躍は出来ていません。ただ、これからも騒がれるタイミングはあるはずです。

 

★不屈の巡礼者、ゴロス(300円)

不屈の巡礼者、ゴロス

ランプデッキで活躍しましたね。統率者戦における5色ジェネラルとしても有用です。起動効果と土地を伸ばせる能力が噛み合ってるのもいいですよね。すでに値上がり始めています。

 

★多用途の鍵(10円)

多用途の鍵

レガシーやらヴィンテージで悪いことしてます。通電式キーのほぼ上位互換が弱いわけないですね。カチャカチャするだけ簡単。

 

土地

なし!!

原野2種は注目してますが、少し高くなりすぎました。

 

まとめ

本日は基本セット2020から注目カードの紹介でした。

はじめてのシリーズ形式の更新でしたが、いかがだったでしょうか?たまにはこういうのも良いかなと思っています。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました