【MTG 高騰】祭殿サイクル ここで一句。

浄火の本殿 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカードゲーム副業で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年8月6日現在

 

今回の1枚

今日は少し変わったスタイルでのお届けです。いつもは各記事につき1枚のカードを掘り下げて紹介していますが、今日は総勢5枚(+6枚)のカードを一気に紹介したいと思います。古くは神河物語、最近では基本セット2021に収録された特殊タイプを持つ伝説のエンチャント。

祭殿(Shrine) です。

浄火の本殿 廃れた高地の聖域

高騰カードを紹介するときは最近のカード、正確に言うと最新の通常セットからは紹介しない主義なのですが、今回は特例です。というのも紹介の形式上、出てこないのはおかしいという判断をだと思ってもらえればと思います。

ちなみに発売したばかりのカードが高騰しても紹介しない理由は、値上がったとしても仕入れに使えた時間が少ないため、投資できているとは言い難いためです。このブログは”稼ぐ”にフォーカスしたブログなので、たまたまパックから引いたカードが高騰したというのはラッキーパンチと捉えています。(もちろん、発売日からフル投入で投資はしますので、短いスパンで利益になるカードもあります。精神迷わせの秘本ありがとう。後輩に焼肉おごりました)

さて、話を戻して祭殿とは、神河物語で登場した伝説のエンチャントサイクルで、各色に1種ずつありました。長い年月を経て、基本セット2021にまさかの新規カードが各色1種+5色のレア祭殿=合計6種が登場し、ちょっとざわついたわけです。それぞれ効果はこんな感じです。

神河物語

(3)(白):浄火の本殿・・・アップキープに祭殿1つにつき2点ゲイン

(4)(青):風見の本殿・・・アップキープに祭殿1つにつき1枚ドロー

(3)(黒):夜陰の本殿・・・アップキープに祭殿1つにつき対象の相手は1枚捨てる

(2)(赤):激憤の本殿・・・アップキープに祭殿1つにつき対象に1点ダメージ

(4)(緑):生網の本殿・・・アップキープに祭殿1つにつき1/1のスピリット1体生成

基本セット2021

(白):穏やかな光の聖域・・・(5)(白)で1体タップ。祭殿に1つにつき1マナ軽くなる

(3)(青):静かな水の聖域・・・戦闘前メイン・フェイズの開始時に祭殿1つにつき1枚ドロー+1枚捨てる

(1)(黒):石の牙の聖域・・・戦闘前メイン・フェイズの開始時に祭殿1つにつき1点ドレイン

(2)(赤):廃れた高地の聖域・・・1マナ+土地or祭殿を捨てて、対象に祭殿1つにつき1点ダメージ

(2)(緑):豊かな実りの聖域・・・戦闘前メイン・フェイズの開始時に祭殿1つにつき好きな色のマナ1点を加える

(白)(青)(黒)(赤)(緑):万物の聖域・・・アップキープに祭殿をデッキから場にだす。祭殿が6つ以上あるなら祭殿の誘発が2倍になる

祭殿のすべてが伝説もちなので、並べられないという弱点があるのですが、並べば強いというアンバランスさもあって、神河物語のころから目立った活躍はなかったそうですね。

単体では効果が最大限発揮されませんが、リミテッドでは非常に強力なものがあり、毎ターン1つでもアドバンテージが稼げるのは使い方次第で化けることがあります。

ちなみに、基本セット2021に収録されている単色5種はフレーバーテキストが俳句調になっていますので、チェックしてみてください。こういう小ネタ大好きです。

 

価格情報

浄火の本殿価格

神河物語の5種が注目されています。仲間が増えたので当然でしょうか?一番上がったのはおそらく浄火の本殿で、ストレージにいたところから100円を超えてきました。(上のグラフは浄火の本殿

それぞれ60~130円ぐらいのところまで値上がって推移しているようです。

注目すべきは、なんだかんだ在庫がなくなっていることだと思っています。基本セット2021が発売されてから多くのカードショップのストレージを確認しましたが、神河物語の5種はほとんどありませんでしたエターナルマスターズでの再録があったので、再録版は何枚か見つけたのですが、面白いですね。

 

高騰理由

新規の祭殿が6枚も来れば事情は変わります。最大でデッキに11種の祭殿が採用できるようになり、ファンデッキ止まりではあるものの、祭殿デッキをまともな形で作ることが可能になりました。これが高騰理由です。それ以外にないのですが、思わぬところに小金かせぎポイントがあるなと痛感した数週間でした。

皆様もショップのストレージ、また自分の家のストレージを漁ってみてください。ありますよきっと。

 

今後の予測

流石にファンデッキなので、今後は期待できません。

ただし、FOILだけは伸びていく可能性があると思っています。和風なイラストが良いですよね。

 

個人的な投資状況

数えるのめんどくさいので、数えてません(笑)

エターナルマスターズ版が特に沢山ありました。神河物語版は少しだけ。

わずかな小金かせぎですが、計10枚ぐらい売ってしまいました。在庫があれば、5種セットが売りやすいと思います。参考までに。

 

まとめ

本日は祭殿サイクルでした。

今後もこういった複数枚を同時に紹介するみたいなことをやってもいいかなと思ってます。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

 

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました