【MTG 期待の1枚】道化の帽子 敵の強みも調べることだ。

道化の帽子 MTG 期待の1枚
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

本日は、値上がる予想をしているものの、まだ上がってきていないカードを紹介する【MTG 期待の一枚】です。

2021年10月27日現在

今回の1枚

ずっと注目しているのですが、なかなか上がってくれないカードを取り上げようと思います。一応、少しは動きがあるんですが、深読みしすぎでしょうか?初出はアイスエイジ(だったはず)の面白いアーティファクト。

道化の帽子 Jester’s Cap です。

道化の帽子

敵の弱みだけでなく、強みも調べることだ。
――― ソルデヴィの機械魔術師、アーカム・ダグスン

日本語画像が無かったので、まず効果テキストをどうぞ。

(2),(T),道化の帽子を生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。
あなたはそのプレイヤーのライブラリーからカードを3枚探し、それらを追放する。
その後、そのプレイヤーはライブラリーを切り直す。

戦場に出すのに4マナ必要で、起動に2マナ必要なので考えなしに投入できるカードではありません。しかも、効果はデッキの中から3枚追放するだけですので、現代基準では少し物足りないカードかと思います。相手の戦略を潰す目的で使うにしても、引くかどうか確定していないカードを事前に抜くという動き自体は非常に効率が悪いと言わざるを得ません。

ただし、このカードを個人的にも評価しているのは無色であること。一度に追放できる枚数が3枚と多いこと。インスタントタイミングで起動できること。そして、いざとなったら自分に使えることです。実はハマれば決定的な働きができるカードだと思います。

 

価格情報

道化の帽子価格

ちょっとだけ上昇傾向。ですが、見ての通り最安が動いていません。

これは第9版で再録した際、人気があったイラストが変わってしまったことが若干影響していると思われます。まあ、人気のあるバージョンも高いわけではないのですが・・・。そういえば、再録のおかげでモダンで使えるようになっていますね。

 

注目理由

先ほども書いた4つの要素、

・無色である
・一度に追放できる枚数が3枚と多い
・インスタントタイミングで起動できる
・いざとなったら自分に使える

それにマナコストの重さを考慮して、これらを同時に達成できるのはモダンのトロンかなと思います。

まず、無色マナは問題なく沢山出るので、豊富なマナで一気に相手の戦略を潰せるカードは重宝されます。サイドボードに取る感じですね。他の干渉手段が少ないので、一気に3枚追放して決定的な仕事をできる点もグッド。さらにいざとなったら自分が土地加速の目的で使っているような終盤にはいらないカードをデッキの中から弾くこともできます。意外と噛み合ってますね。

どのようなデッキへの対抗策になるかというと、このあたり。

弧光のフェニックス 頑強

特定のクリーチャーにフィニッシュを頼っているので、タイミングによっては全部追放できる可能性もありますね。なかなかいい対策カードかも。皆様はどう思われますか?

 

今後の予測

個人的には値上がりで押したいのですが、そう上手く行かないかなと・・・。

最安が100円を超えてほしい!予測というよりは願望になってしまった。笑

 

個人的な投資状況

25枚ぐらい用意しています。買い込んでいるのですが、中々上がってくれませんね。

もうここまで来たら待つしかないので、祈りを捧げ続けます。

 

まとめ

本日は道化の帽子でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました