【MTG】カルドハイム 注目カード10選

カルドハイム MTG 期待の1枚
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



本日は、値上がる予想をしているものの、まだ上がってきていないカードを紹介する【MTG 期待の一枚】です。

2021年2月6日現在

今回企画

恒例の注目カードランキングをやっていこうと思います。今回はもちろんカルドハイム!

いつも通り投資的に期待しているカードをランキング形式で紹介していこうと思っています。

 

本題

早速、本題です。

・現在の価格
・いくらになったら買い始めるか

この辺りを含めて書いていきます。売りのタイミングは遠すぎる場合もあるので、今回はほぼ言及してません。これはいつもと同じです。

「今時点の暫定で、いつか遠い未来に値上がる予想で、最安見極めて買い漁りますと決めたカードを厳選して、期待値順に並べたランキング」(長い。笑)ですので、その点はご留意ください。

前回も書きましたが、ハイリスク・ノーリターン記事なので、広い心でお願いします。

 

では、10位からです!

第10位

★見張るもの、ヴェイガ

見張るもの、ヴェイガ

なんかできそう。フラッシュバックなどの墓地から使えるカードとの相性は抜群で、特に手札から土地を捨てることで何度も使える回顧を持つ呪文とのシナジーに注目しています。統率者のジェネラルにするのも考えましたが、やはり墓地利用で連鎖系のコンボデッキを作るなら黒か赤が欲しいところなので10位に。

普通に30~50円で買えるので、集めていこうと思います。

 

第9位

★エルフの戦練者

エルフの戦練者

エルフがかなり強化されてますよね。中でも注目しているのがこのカードで、エルフの本質である横並びを助け、フィニッシュ手段にもなる。自身が2マナ2/2というのも評価を高めてるポイントだと思います。

50~100円ぐらいで、最安レア群ではないようです。下がるなら買いで、万が一ここから上がるようなら深追いしないようにします。

 

第8位

★燃えルーンの悪魔

燃えルーンの悪魔

統率者戦で真価を発揮するタイプのカードだと思います。事実上、納墓内蔵のクリーチャーって感じでしょうか?デーモンらしいスタッツも魅力です。

神話レアの中で一番安い??80円~180円ぐらいで買えそう。ほぼ確実に下がってくると思うので、安くなるの待ちです。

 

第7位

★偉大なる存在の探索

偉大なる存在の探索

昨日のパック開封でも引いたカードがここでランクイン。(昨日の記事はこちら。)

各種力線との相性が注目されています。加えて、効果を使わなくても占術1が付いてくるのは冷静に見るとおかしいですよね。2マナエンチャントがノーコストで毎ターン占術・・・相当強いのでは?

現在400~800円ぐらい。少し幅がありますが、初動から下げていない店舗がある証拠です。市場でも注目されているカードですね。

 

第6位

★厚顔の無法者、マグダ

厚顔の無法者、マグダ

ドワーフのロード模範操縦士、デパラに次ぐ2枚目ですかね?意外とパイオニア範囲にもドワーフは沢山いるので、期待できそうです。赤白ドワーフビート。安く組めそうですからね。黄金架のドラゴンという環境屈指のドラゴンも出てきてるのも追い風です。

価格は30~80円ぐらい。30円で見つけたら買って良いかなと思います。単純にドワーフ組んでみたいかも。

 

第5位

★冬の神、ヨーン 霧氷杖、カルドリング

冬の神、ヨーン

表裏のモードが選べる神様。表は攻撃するたびに氷雪パーマネントが全アンタップ。自身もアンタップしますし、かなり強そう。裏面のアーティファクトモードも面白くて、タップすると墓地の氷雪パーマネントを唱えられます。個人的にはカルドハイムで一番強いカードはこれかなと思ってます。もちろんティボルトとかも強いですけどね。

また、このカードに限らず、表裏両面のカードは統率者戦でジェネラルに指定する場合3色としてカウントできるみたいですね。

価格は600~700円ぐらい。500円切ったら買います。個人的にも使いたいし。

 

第4位

★マーンの戦慄の隆盛

マーンの戦慄の隆盛

予顕しておけば、1マナで全体除去などから戦線を守ることができます。ドゥームスカールという優秀な全体除去も出てきているので、そういう意味でも期待大ですね。逆にドゥームスカールがなければランク外だったと思います。

発売前から結構話題になっていたカードですが思ったより初動が安かった。50~100円ぐらいです。これは集めようと思っています。

 

第3位

★イストフェルの門

イストフェルの門

タップイン、1色出て、少し重い2色の起動コスト+生け贄でオマケつき。10色ある土地のサイクルの1つです。中でも白青のこのカードは戦略に噛み合っていて使い勝手良さそうです。白青予顕みたいなコントロールはそこそこ強そうなので、採用されそう。

価格は50~100円。価格的にはアンコモンの中でトップ5に入っているカードですね。

 

第2位

★傑士の神、レーデイン 守護者の盾、ヴァルクミラ

傑士の神、レーデイン

デス&タックスの新勢力になり得るでしょうか?表裏ともにやれる気がしています。表は3マナ2/3飛行警戒という及第点スタッツに氷雪メタと4コスト以上の呪文メタ。裏面は自軍パーマネントへのダメージ軽減と対象を取る呪文に対する追加1マナ要求。

現在、180~300円ぐらい。状況を注視して早めに押さえたいところ。伝説なので4枚使うようなことはないと思いますが、2枚ぐらいはありそうなので先に買っておこうと思います。

 

第1位

★語りの神、ビルギ 豊潤の角杯、ハーンフェル

語りの神、ビルギ

栄えある1位はこのカード。まあ、これは悪いことしかしませんね。きっと。

表面の呪文を唱えるたびに赤マナが出る効果は魔力変と相性が抜群。青赤ストームみたいなデッキに入る可能性があります。また、裏面は1枚のディスカードで2枚の衝動的ドローが行えるという変わったアーティファクトになっていますね。

期待値からか思ったより初動が高く400~600円ぐらい。スタンダードで使えるようなカードではないので、下がってくると予想。底値を打ったら大量に回収しようと思っています。

 

まとめ

本日はカルドハイム 注目カード10選でした。

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました