【MTG 高騰】死の雲 最も汚らわしい風を巻き起こす

死の雲 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2021年2月8日現在

今回の1枚

今日はダークスティールよりレアソーサリーを紹介します。黒にありがちな悪いことが沢山起こる系のカードですね。多人数戦とかで終盤に撃ったら最後、全員が処理を終えるまでに3分ぐらいかかることも。

死の雲 Death Cloud です。

死の雲

大群の持つものすごい数の羽が、最も汚らわしい風を巻き起こす。

まずは効果を分解してみていこうと思います。

マナコストは黒のトリプルシンボル+Xマナ。唱えると各プレイヤーにXの値分4つの悪いことが起こるというものです。

・各プレイヤーはX点ライフを失う
・各プレイヤーはX枚手札を捨てる
・各プレイヤーはX体クリーチャーを生け贄にする
・各プレイヤーはX個土地を生け贄にする

もちろん、自分も被害を被るのでマナを支払って撃っている自分が基本的には損になります。ただ、この手の全員が色々と失うカードはいくつもありますが、失う枚数をXマナで調整できるのがこのカードのポイントです。

とはいえ、黒のトリプルシンボル。ある程度、黒に寄っているデッキでないと使いこなすのは難しいでしょう。

 

価格情報

死の雲価格

一気に上がってきました。

ダークスティールはもう17年前のセットですが、こういう古いカードにスポットライトが当たるのがマジックの醍醐味でもありますね。ちなみに、初代モダンマスターズで再録されています

 

高騰理由

高騰理由は最近大注目のあのカード。恐怖の神、ターグリッドです。

恐怖の神、ターグリッド

先日、コメントで教えて頂いたのですが、様々な捨てたり生け贄したりするカードを高騰させていることが判明しています。死の雲を大きいマナコストで撃てれば戦場のパーマネントがほとんど自分のものになるという一撃必殺コンボが成立。特に統率者戦で大注目のコンボになっていますね。

 

 

今後の予測

最安が1,000円を超えるのはほぼ確定でしょう。そこそこ希少性もあるので、更に上がる予想です。

感覚としては1,980円ぐらいまで行ってもおかしくないカードだと思います。固い予想としては1,480円ってとこですかね?どちらにしても上がるのは間違いと思っています。

 

個人的な投資状況

2枚ありました。とりあえず、1,500円とかで売りに出そうと思います。

そういえば、この2枚の内1枚はいつかグランプリで友達からもらったんですよね。パックが当たるくじみたいなやつで、見事ダークスティールを引き当ててその場で開封。爆死。って感じだったと思います。笑

で、要らないとなってもらったんですが、これは返す予定です。

 

まとめ

本日は死の雲でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました