【MTG 高騰】生体融合外骨格 せいたいゆうごうがいこっかく

生体融合外骨格 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2021年3月9日現在

今回の1枚

今日は非常にユニークな名前を持ったカードです。ミラディンの傷跡よりアンコモンの装備品。

生体融合外骨格 Grafted Exoskeleton です。

生体融合外骨格

正直、大したことない効果を持っています。装備したクリーチャーに+2/+2修整感染を与えるという効果です。感染とはプレーヤーへのダメージを毒カウンターという形で与え、毒カウンターが10個受けたプレイヤーはゲームに敗北するというものです。パワーを上げるのと同時に感染を付与できるわけですから、一瞬だけ強く感じます。ですが、4マナ支払って、装備が2マナ。合計6マナ支払うぐらいなら荒廃のドラゴン、スキジリクスを出した方が早いですね。

荒廃のドラゴン、スキジリクス

それに加えて、装備が外れると装備されていたパーマネントが生け贄になってしまうというデメリット付きになっています。残念ながら使えるデッキは無さそう・・・。と、思われていました。

 

価格情報

生体融合外骨格

いつの間にか優良アンコモンの仲間入り。いつの間にか400円を超えました。

約10年前のカードですが、一度も再録していません。何かきっかけがあれば高騰するものですが・・・。それを高騰理由で書いていきます。

 

高騰理由

高騰するきっかけ。これは特定のデッキが活躍したというものではないようです。となると、お察しの通り統率者戦が影響しています。

統率者戦では感染が有利に働く局面が非常に多いんですよね。通常はライフ20点に対し、感染は10点ですから半分の労力で対戦相手を倒せるのに対し、統率者戦ではライフ40点に対し、感染10点。つまり1/4の労力で対戦相手を倒せるからですね。

他にも感染を持つカードは多数ある中、なぜ生体融合外骨格に注目が集まっているかというと無色なので、どのデッキにも入れられるからです。そして、感染を付与できる唯一の装備品。だったはず。高いパワーで殴れるデッキは常に選択肢になってくるカードなんですよね。統率者戦が人気になるにつれて、どんどん評価が上がってくるカードだと思います。

 

今後の予測

これからも上がり続けるでしょう。唯一性のあるカードなので、期待できますね。

いきなり1,000円とかになることはないと思いますが、気づけばそこに迫っているようなカードだと思います。

 

個人的な投資状況

16枚ありました。集めてたんですよね。結構、50円とかでストレージにあるようなカードだったので、かなり安く集められています。

特に焦らず、ゆっくり売っていく予定です。値上がりを待たずに数枚は売り減らしします。

 

まとめ

本日は生体融合外骨格でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました