【MTG 高騰】束縛の皇子 やっぱりデーモンはこうでなくちゃ

束縛の皇子 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年11月12日現在

今回の1枚

今日は派手な大型デーモンをご紹介。アラーラの断片の神話レアクリーチャーです。こういう単純に強いカードは使い方を考えるだけで楽しいですよね。

束縛の皇子 Prince of Thralls です。

束縛の皇子

「我に踏み潰せぬもの生者の中に無し。 我の命じを拒めるもの死者の中に無し。」

色拘束が厳しい8マナ、7/7のデーモンと聞くと効果を期待してしまいます。その期待通りの性能で、対戦相手のパーマネントが墓地に送られるたび、相手が3点ライフを支払わない限りそれを奪う効果です。この効果は相手がライフを支払わない場合、強制的に奪わなければならないので注意。

ライフを支払われてしまえば何の意味もない効果というのがデーモンらしく、デメリット要素がありますね。相手に選択肢があるカードは弱いと言いますが、その考え方で言うとこのカードは残念な部類に入るでしょう。が、このカードの場合は「パーマネントが墓地に行く」という頻繁に発生するイベントが「パーマネントが奪われる」という脅しによって、ほぼ確実に3点ダメージに変わっていくと考えると悪くありません。

 

価格情報

束縛の皇子価格

ポンと400円ぐらいまで上昇。最安が上がってきていませんが、時間の問題だと思います。

そういえば、このカード一度も再録してないんですよね。仮にマスターズに入れてほしいかと聞かれると神話レア枠をこれで埋めてほしくないという意見が多くなりそう。リミテッドでこれを引いてもという問題もありますし・・・。

 

高騰理由

これは明確な理由があります。統率者デッキ:Warhammer 40,000で相性の良いカードが登場しました。暗闇の君主、ベ=ラコールです。

暗闇の君主、ベ=ラコール

デーモンが場に出るとそのパワー分のダメージを飛ばすことができます。分かりやすいシナジーですね。束縛の皇子は8マナ、7/7、対象に7点ダメージ、その倒したパーマネント奪いますが3点支払いますか?というクリーチャーに化けます。

この暗闇の君主、ベ=ラコールが割と人気で、歴代の名だたるデーモンを詰め込んだ統率者デッキを組んで楽しんでいる方が多いようですね。たしかに楽しそう。

 

今後の予想

最安が上がるのは間違いなさそうです。今のトリム平均ぐらいまで最安が来てもおかしくないと思います。

他の需要に関してはほぼないので、トリム平均に関してはここから大幅な上昇はない予想です。

 

個人的な投資状況

意外と7枚もありました。特に集めた記憶がないので、仕入金額は無いようなものです。これはラッキー。

特に使う予定はないので、売りだそうと思います。

 

まとめ

本日は束縛の皇子でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました