【MTG 高騰】墨蛾の生息地 真のワンパンマン

墨蛾の生息地 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2021年1月31日現在

前回の「仕入れ報告」記事が反響良かったので、また書きたいと思ってます。

今回の1枚

また、物騒なカードが値上がりしてます。モダン以下のフォーマットをプレイされている方ならよく見るカードでしょうか?「嫌い」か「使っている」のどちらかに二極化するような、そんなカードです。ミラディン包囲戦より、土地?をご紹介。

墨蛾の生息地 Inkmoth Nexus です。

墨蛾の生息地

イラストのオーラから分かる通り、ただの土地ではありません。よくあるミシュラランドと呼ばれるクリーチャーになる土地カードです。

まず、土地としての基本性能は普通にアンタップインできて、無色1マナが出ます。色マナが出ないものの、デメリットがないというのが評価を高めているポイントです。多くのミシュラランドはタップインすることが多いので、相当優秀ですね。

で、肝心なクリーチャーになった時の性能は1/1、飛行、感染です。感染とはクリーチャーに-1/-1カウンターの形でダメージを与え、プレイヤーには毒カウンターの形でダメージを与える。という能力です。そして、毒カウンターが10個溜まったプレイヤーはゲームに敗北します。

つまり、このクリーチャーで10点ダメージを与えれば勝ち。ということです。実質、2/2飛行って感じですかね。それだけ聞くと強く感じませんが、パワーを上げるカードとの相性が抜群で、+4できれば2回の攻撃、+9できれば1回の攻撃で即勝利できます。これを利用したデッキは後ほど。

そして、一番問題なのはそのコストです。たったの1マナでクリーチャー化することができます。パワーを上げてなんぼのカードなので、続いて撃つパワーアップ呪文にマナを残しておけるのが偉いですね。ちなみに、自身が出せる1マナでクリーチャー化するのも適正です。もちろん、タップ状態になるので攻撃には参加できませんが、自身がアーティファクト・クリーチャーになるのでアーティファクトの数を参照するときなどに使うことがあります。覚えておきたいですね。

 

価格情報

墨蛾の生息地価格

また、一段上がったなという感じ。

このカードは1,000円~3,000円を行ったり来たりしているカードなので、今は高いタイミングでしょうか?

ちなみに、再録はイベントのプロモSecret Lairのみなので、実質再録はしていない状態です。

 

高騰理由

使われているのはやはりモダン。この感染能力をフル活用した感染デッキがメインですが、最近はもう一つあります。それが、ハンマータイムです。

巨像の槌 シガルダの助け

最近流行りのビックリワンパン系デッキですが、ちょっと人気のデッキから環境の中で意識していないといけないデッキにまで格上げされています。大きな大会での結果も残せていますね。

このデッキにおいて墨蛾の生息地は4枚必須級のカードですし、今後も環境の中心になるのは間違いなさそうです。

 

今後の予測

先ほども書きましたが、1,000円~3,000円を行ったり来たりしているカードなので、今は高いタイミングです。一応、4,000円以上いったタイミングもあるのですが、価格予想としては慎重姿勢です。

3,000円まではいく可能性は十分にありますが、それ以上はないと思ってます。

 

個人的な投資状況

失敗しました。少し前の安い時に売ってしまいましたね。これはやってしまった。

何となく使ってないし、安くで仕入れられてたのでまあ良いかなと・・・。わずかに利益は出たので、マイナスではないのですが反省ですね。

 

まとめ

本日は墨蛾の生息地でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました