【MTG 高騰】破滅的な行為 裏切りの報いを受けるときがきた

破滅的な行為 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年9月22日現在

今回の1枚

最近流行りのムーブメント関連のカードを紹介しておこうと思います。何が起こるか分からないのマジックの良いところですね。アポカリプスのリセットカード。

破滅的な行為 Pernicious Deed です。

破滅的な行為

「さあヨーグモス」と、フレイアリーズは爆弾を仕掛けながらつぶやいた。「裏切りの報いを受けるときがきたわよ」

簡単に効果を解説。まず、緑黒を含む3マナで設置し、生け贄+Xマナを支払って起動します。そして、X以下のマナ総量であるアーティファクト、エンチャント、クリーチャーを根こそぎ破壊するという効果です。

自分も含めて多大な被害を出す可能性のあるカードですが、クリーチャーだけなどではなく置物全般を巻き込めるのは非常に優秀。注ぎ込むマナの量を調整することで自分への被害を押さえながら使ったり、とりあえず全マナぶっ放したりと柔軟な運用が可能です。しかも、設置さえしておけばインスタントタイミングで起動できるので、プレッシャーを相手に与えることもできます。

 

価格情報

破滅的な行為価格

高騰というほどではありませんが、値上がってきています。それも、この1~2か月ぐらいでより上がってきているので、何らかの理由があるはず。

ということで、ちょっと特殊な事情なので、高騰理由で解説していきます。

ちなみに、再録はコンスピラシーや25周年マスターズでしていて、手に入りにくいカードではありません。

 

高騰理由

ことの発端はとある方の呼びかけでインベイジョンブロック構築が密かなブームになっていることが影響しているようです。数あるブロック構築(最近は公式フォーマットから消えましたが・・・)の中から何故インベイジョンブロックなんだ?と思ったのですが、かなりバランスの取れた両環境らしいですね。というのも多色をテーマにした環境なので、いろんな色の組み合わせが存在することと、当時の多色カードのパワーは控えめなのでちょうどいいみたいです。

ということでインベイジョンブロック=インベイジョン、プレーンシフト、アポカリプスのカードが売れています。私もこの流行りに乗っかっていくつか出品してみましたが、よく売れている状況です。

面白いムーブメントなので、もうひと盛り上がりして欲しいですね。個人的にも参戦してみようかと画策中。使いたいデッキはやっぱりカウンターモンガーかな?

 

今後の予想

やや上昇が続きそうですが、あくまで流行りがどの程度続くかしだいだと思います。なので、今回は明確な予想なしで行かせて下さい。

ちなみに、やはり再録版ではなく、当時のアポカリプス版が人気なので、グラフでは測り切れない価格差がバージョンごとにあることを意識しておきたいですね。

 

個人的な投資状況

少なくともアポカリプス版は7枚。他のバージョンを合わせると15枚ぐらい出てきました。

4枚ガン積みカードではない(たぶん)と思うので、少ない枚数から地道に売っていこうと思います。

 

まとめ

本日は破滅的な行為でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました