Twitterフォローしてね

【MTG 高騰】生体転移 どこぞの空召喚士と比べるなと怒られそう

生体転移 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2023年1月3日現在

今回の1枚

ここからおそらくシリーズ化する気がしているのですが、統率者デッキウォーハンマー40,000の高騰カードを連続で紹介していこうと思います。第1弾は4マナの黒いエンチャント。

生体転移 Biotransference です。

生体転移

まず、自分のクリーチャーが追加でアーティファクトのタイプを持ちます。面白いのが、戦場にいる間だけではなく、戦場にいない間と唱えている間も同じようにアーティファクトのタイプが付くのが特徴です。

そして、アーティファクトを唱えるたびに1点ライフを失い、2/2のアーティファクト・クリーチャー・トークンを生成します。この効果は強制なので、必ずライフを失うことに注意。無限トークンコンボなどを決めると自爆します。

1つ目の効果と2つ目の効果がシナジーしているので、アーティファクトorクリーチャーを唱えるたびにトークンを出すカードとして普通に運用するのが良いでしょう。

ちなみに比較すべきか悩んだのですが、4マナのカードが特定のカードを唱えるたびに2/2トークンを産み出すというと空召喚士ターランドを思い出します。

空召喚士ターランド

比べると空召喚士ターランドは・・・。

・連打しやすいソーサリーorインスタント
・トークンに飛行が付いている
・ライフを失わない

という点で勝っており、生体転移は劣っているように見えます。が、そのかわり・・・。

・生体転移自体が置物で破壊されづらい
・出るトークンにアーティファクトが付いている
・クリーチャーをアーティファクトを追加する

というメリットがあるので、この性質を活かせるデッキで使いたいところですね。

 

価格情報

生体転移価格

ぐいぐい上昇中。一度もトリム平均が1,000円を切ったことがなく、最安も500円を切ったことがないところを見ると、評価されているのを感じます。

ちなみにこれは統率者デッキウォーハンマー40,000のカード全てに共通して言えることですが、サージFOILという特殊な光り方をしたバージョンがあることに注意。トリム平均がそのサージFOILを拾って高めに出ることがあるので、考慮しておきましょう。

 

高騰理由

これは分かりやすい高騰理由で、単純に発売当初よりも評価が上がっていることと、最近のアーティファクト強化によるものです。兄弟戦争(+兄弟戦争 統率者デッキ)でアーティファクト関連の統率者戦候補が多数登場しました。例えばこのあたり。

工匠の主任、ウルザ マク・ファワを手懐ける者、ミシュラ

冷酷な者、アシュノッド

対ファイレクシアの物語ということもあって、黒くて強力なクリーチャーが増えたのは追い風でした。しかもアーティファクトの数だけパワーアップといった効果よりもアーティファクトを唱えやすくする効果を持った伝説のクリーチャーが多く、生体転移を強く使えるのがいいですね。

 

今後の予想

流石に結構な価格になっているので、これ以上を求めるのはしんどい気がします。

トリム平均はサージFOILに引っ張られる可能性があるので最安を基準にすると、1,000円前後から脱出しない予想です。

 

個人的な投資状況

2枚あります。デッキで買った分とくじで引きました。

今のところ売る予定はありませんが、予想に反して上がり続けるようなら売りに回ろうと思います。

 

まとめ

本日は生体転移でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました