【商品紹介】KATANAスリーブ 侍デュエリストの必需品

高さ 商品紹介
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。

ただ、本日は関連した商品の紹介記事です。
購入のリンクも貼っておきますので、よかったら見ていってください。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年9月21日現在

はじめに

皆様はどのメーカーの何のスリーブを使っていますか?

本日は私がメインで使っているスリーブをご紹介します。かしこまって紹介するほどでもない、ただの定番なんですけどね。紹介の前に少しスリーブに対しての考え方を話します。

 

スリーブに対する考え方

そもそもスリーブを選ぶ基準について話したいと思います。この世の中には様々なスリーブがあり、ものすごい種類がありますよね。お気に入りのスリーブがある方や好きなアニメのキャラクターのキャラスリーブを使っている方などプレイヤーの皆様の選択も多種多様です。

では実際にスリーブを選ぶ基準ですが、私の思うに選ぶ基準は自分にはないと思っています。どういうことかというと、カードゲームは相手が目の前にいるゲームなので、相手が扱いやすいスリーブを使うべきだという考え方です。この考え方から逆算すると、以下の4つが最低条件だと思います。

①シャッフルしやすい
②崩れない
③傷などがついていない
④過激な絵柄でない

それぞれ、一応解説すると、①は当然ですが、カットではなくシャッフルしやすいです。基本的には自分のデッキをシャッフルした時は相手にカットを求めますが、カットの仕方は人それぞれですし、しっかりシャッフルしたい方もいます。誰でもシャッフルしやすいような滑りが良いスリーブを選ぶのが無難です。相手への配慮ももちろんですが、シャッフルしやすいスリーブを使うことで自分のカードを守ることにつながります。滑りの悪いスリーブを無理に横入れシャッフルとかされたらカードが折れますからね。

②は①と結びついてくるんですが、とにかく高さを出しすぎないことが大事です。二重スリーブは良いと思いますし、多少の厚みが出ることはシャッフルのしやすさにつながってきます。これが三重、四重となると高さが出すぎるので、崩れやすくなるはずです。気持ちは分かりますが、相手が女性や子供だった時のことを考えましょう。普通の60枚デッキでも手に余る大きさなので、更に高さが出てしまうと持ち切れません。何事も思いやり大事です。

③は結構忘れがちですが、ボロボロになってきたらスリーブは変えましょう。見栄えが悪いというだけではなく、相手からしたら傷がついたのをこちらのせいにされないかと勘ぐってしまいます。逆にマークド(スリーブに傷をつけて裏からカードが判別できるようにする反則)を疑われてもいやですからね。

④について、賛否あると思いますが、まずキャラスリーブは大いに結構です。私もイコリア:巨獣の住処の時のゴジラスリーブや好きなゲームのキャラクターのスリーブは使っています。ただし、②と同じで相手が女性や子供だった時のことを考えましょう。あんまり過激な奴はNGだと思います。

①~④を総合的に捉えると、「シャッフルしやすく、一重or二重でも安定していて、過激な絵柄でない」って感じですかね?となると・・・。

それでは本題。商品紹介に行きましょう。

 

商品紹介

カードゲーム歴20年以上の私がたどり着いた答えです。現状ではこれが最強だと思っています。

Ultimate Guard(アルティメットガード)
Katana スリーブ 標準サイズ 100枚

↑amazonの購入リンクです。良かったらどうぞ。

実際、これが最強です。使用感が抜群で、まさにKATANAのような切れ味ですね。私はほぼすべてのデッキをこのスリーブにしています。2枚ほど使用感が分かる写真を撮ってみました。

高さ

だいたい60枚のデッキで高さは4.5cm程度です。一重にしています。私は基本的に一重で統一していますが、二重ぐらいなら許容範囲かな?

このぐらいの高さに収まっているのが理想かなと思いますが、二重にすると6cmぐらいになると思います。

シャッフル

横入れシャッフルがものすごくやり易いです。簡単にパーフェクトフェローシャッフルをすることができます。パーフェクトフェローとは1枚ずつ完璧に噛み合わせた横入れシャッフルのことですね。滑りが良いので、サラサラとカードが入っていくので、非常にストレスフリーです。

また、選び方の基準で出なかった話ですが、入り枚数が100枚というのがKATANAの良い点でもあります。これはカードゲームによって基準が変わってくるところですが、マジックの場合は統率者戦という100枚デッキで遊ぶフォーマットがあるので、入り枚数が100枚というのが必須条件です。60枚デッキでもサイドボードと合わせて75枚使いますから、残りは余りとして保管することで傷ついた場合の交換用としています。

 

他によく使うスリーブ

他に使うスリーブとしてはカードを出品する時に普通の透明スリーブが必要です。これに関しては全くこだわりがありません。ということでAmazonでその時安かったものを買うようにしています。

マジックならば横66mm×高さ91mmが標準サイズになるので、そこをチェックしつつ、送料が無料の出品を買うようにしましょう。

 

まとめ

本日はオススメのスリーブを紹介しました。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、

知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

メールアドレスなしでもコメントできるようになりました。

 

このブログも立ち上げたばかりなので、

記事の形式やサイトの見易さなどにもご意見なども頂けると嬉しいです。

 

それでは、今日もマジックで稼いでいきましょう。

MTGアカデミーのジンでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました