【MTG 雑記】相棒で市場は動いた、では相棒そのものを追うか?

夢の巣のルールス MTG 雑記
スポンサーリンク

アンタップ、アップキープ、どーも

MTGアカデミーのジンです。

今日もディスカッションしていきましょう!

2020年5月11日現在

 

はじめて記事の投稿時間が12時を過ぎてしまいました。残念。

まあ子育てやりながらこういうことやってると

そういうこともあるよね。

※投稿時から諸事情あってタイトルも変わってます

 

はじめに

数日前、いつも通り高騰記事を書いていたら着信が・・・

おまえ、ルールスどう見てんの?

目がちょっと多いけどかわええよな

あほか。ヴィンテージやヴィンテージ!

ヴィンテージで活躍する猫!ムネアツ!

あれは活躍というより席巻って感じやけどな・・・

えっ?そんなすごいの?

知らんのか!?MOでトップ8全員ルールスやで!しかも2日連続!

・・・。

・・・。

・・・は?

で、今回の記事を書こうと思ったしだいです。

夢の巣のルールス

題して、相棒は市場に動きをもたらしたが、相棒そのものを追いかけるか?

 

各フォーマットのトップメタ

各フォーマットごとにTier1を見渡すと・・・

スタンダード・・・ヨーリオンファイアーズ、オボシュラクドス、ルールスサイクリング
パイオニア・・・ヨーリオン多色ビート、ルールスバーン、ヨーリオン真実コンボ
モダン・・・ルールス果敢ビート、ルールスジャンド、ヨーリオンウルザ
レガシー・・・ルールスデルバー、ルールス青白奇跡、ルールスストーム
ヴィンテージ・・・ルールスパラドックス、ルールスストーム、ルールス墓荒らし

あのーこれまじですか?

流石に相棒一色の環境は面白くないなぁ・・・

というか多岐にわたりすぎていますね。

例えばルールスバーンはスタンでもパイオニアでも活躍できるね!ではなく

ルールス○○が様々なパターンであるのがすごい。

 

あと、下に行けば行くほどルールスたんしかいないのも気になります。

相棒がないと勝てない環境は流石に良くないです。

 

やっぱりルール変えないか?

相棒カードが抱える、そもそもの問題は2つ。

①採用するだけで手札8枚スタート状態
②必ず初手に来る

②は相棒のコンセプトがそういうものなので、

これは致し方ないと思います・・・

 

ただ、それをするならコンボ色は落として欲しかったですね。

もっと相棒の縛りを取り返す効果にして欲しかった。

縛ったカードを強化するのではなくです。

例えば・・・

・偶数縛り構築なら、戦場に出たとき奇数のカードをすべて破壊する
・起動効果を持つカード縛りなら、相手の起動能力は1マナ重くなる
・パーマネントが2マナ以下縛りなら、相手の3マナ以上のカードにブロックされない

こんな感じがよかった。

とはいえ、効果も初手に来るシステムも印刷してしまった以上は変更できないので、

これは言っても仕方ないことです。

 

真の問題は①の手札8枚スタートですね。

以前の記事でも書きましたが、

これはマリガンルールの調整で修整可能ではないでしょうか?

 

変更するのはマリガンのルールだけですので、

カードのテキスト変更は必要ありません。

 

いくつか案を残しておきます。

相棒を公開したプレーヤーは・・・
・マリガンチェック後、デッキボトムに1枚カードを送る
・初期手札が6枚になる(今の暴れようなら5枚でもよい)
・マリガンチェック後、相棒を使っていないプレーヤーは1枚カードを引く
・マリガンができない(これはやりすぎかな?)

いかがでしょう?

こんな感じで変更すれば、

禁止を出すことなく調整できるのではないかと思っています。

 

と、まあここまでは独り言でした。

 

投資的な考え

では、投資的には相棒カードってどうなの?という話をしていきます。

 

そもそも相棒を4枚採用するのはレアケースです。

ヨーリオン・・・1枚。たまに1+3枚のリストもある
ジャイルーダ・・・1+3枚
オボシュ・・・1枚
ジェガンサ・・・1枚
カヒーラ・・・1枚。たまに1+3枚のリストもある
ルールス・・・1枚、2マナ縛りをしないならメインに2枚程度
ルーツリー・・・1枚
ウモーリ・・・1枚。たまに1+3枚のリストもある
ザーダ・・・1枚。たまに1+3枚のリストもある
ケルーガ・・・1枚。たまに1+3枚のリストもある

確定で4枚採用はジャイルーダのみ。

ジャイルーダ

連鎖系のコンボに使うのであれば、これは4枚必須です。

それ以外は特別な構築でない限り1枚が基本です。

 

なので、現在の価格を見ても暴れている割には大したことないのは

採用枚数の少なさがあります。

ヨーリオンとかいまだに150円とかで買えますしね。

 

個人的な結論を申し上げます。

相棒カードに関してはそれぞれ対応を決めました。

ヨーリオン・・・研究課程。無限に回収
ジャイルーダ・・・追わない
オボシュ・・・追わない
ジェガンサ・・・EDH需要。安ければ回収
カヒーラ・・・ファンデッキ中心。安ければ回収
ルールス・・・追わない
ルーツリー・・・なんかできそう。安ければ回収
ウモーリ・・・なんかできそう。安ければ回収
ザーダ・・・なんかできそう。安ければ回収
ケルーガ・・・追わない

旬なカード群ですが、投資的には旨味も少ないので、

無理する必要は全くないと思います。

 

追わないと決めたら追わない。

これが手元のキャッシュを効果的に運用するコツです。

 

ただし、ヨーリオンだけは研究する価値がこれからもあると思ってますので、

このカードだけは個人的にも多少損しても集めたいです。

 

「80枚デッキは、カードゲームの神様に対する挑戦」

だと思っています。

 

たまにはプレイヤー目線で、

ヨーリオンに絞った研究記事も作ろうかなあと思ったり思わなかったり。

いつか、やりたいですね。

 

まとめ

本日は相棒に関する独り言でした。

少しでも参考になればうれしいです。

これからも少し遅くなるかもしれませんが、

1日1記事ペースでやっていきたいですね。

 

コメントでご意見などぜひとも。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、

知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

メールアドレスなしでもコメントできるようになりました。

 

このブログも立ち上げたばかりなので、

記事の形式やサイトの見易さなどにもご意見なども頂けると嬉しいです。

 

それでは、今日もマジックで稼いでいきましょう。

MTGアカデミーのジンでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました