【MTG 高騰】闇の覆い 英語名がかっこいいよね

闇の覆い MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年12月13日現在

今回の1枚

なんだかんだオンスロートのカードを紹介することが多い気がします。フェッチランドに始まり、様々な良カードを産んだ名セットですね。そのオンスロートから期待感のある高騰カードをご紹介。

闇の覆い Cover of Darkness です。

闇の覆い

まずは効果を原文ままどうぞ。

闇の覆いが戦場に出るに際し、クリーチャー・タイプを1つ選ぶ。
選ばれたタイプのクリーチャーは畏怖を持つ。
(それは、黒でもアーティファクトでもないクリーチャーによってはブロックされない。)

最近、始めた方には馴染みのない効果かもしれません。クリーチャーに畏怖を与えるカードです。畏怖というのは黒特有のキーワード能力(他にもいるかも?)で、黒orアーティファクトのクリーチャー以外にブロックされなくなるという回避能力です。昔、畏怖というカード名のオーラが存在し、それがそのままキーワード能力になったという珍しいカードになっています。

畏怖

それこそオンスロートの頃ぐらいはバリバリの有名能力だったのですが、のちに威嚇という自分と同じ色orアーティファクトのクリーチャー以外にブロックされないという似たような能力が登場し、畏怖は見なくなってしまいました。

今回、紹介している闇の覆いは選んだクリーチャーが畏怖を得るという効果ですが、特筆すべきはその軽さ。たったの2マナです。2マナで不確定とはいえ全体に回避能力を与えられるのは優秀。もちろん、デッキそのものを種族デッキにし、ある程度こちらの種族を統一すれば威力が増すのは言うまでもないですね。また、相手が使ってこないような種族を使ってあげるというのもいいかもしれません。

ただし、相手も含め、選んだクリーチャー全てが影響を受けます。人間などのよく見る種族では使い辛いので、注意が必要です。

 

価格情報

闇の覆い価格

じりじり上がっていたところから、乱れてきて・・・ガコン!と上がった感じ。

冷静に見ると7月から最安、トリム平均ともに3倍。結構な上がり方だと言えますね。

 

高騰理由

統率者戦での活躍が期待されての高騰だとみています。攻撃を通したいクリーチャーデッキでは選択肢ですね。もともと相性がいいのは虎の影、百合子です。

百合子

攻撃を通した時に発動する効果なので、当然ですね。また、忍者と指定しても他のプレイヤーに恩恵があることはまずないのも安心して使えるポイントです。

他には統率者レジェンズで出たカードにも期待できそうなジェネラル候補がちらほら。

アーミクス ネビニラル

まあ、黒い種族デッキなら雑に入れておいても仕事しそうな感じありますよね。

他に相性が良さそうなジェネラルがいたら、ぜひコメントで教えてください。

 

今後の予測

そこまで幅広く使われているわけではないので、感覚としては少し過大評価な面もあるかなと思っています。

ただ、18年前のカードですし、一度火がついたら止められなくなる可能性も・・・。各YouTuber様が火付け役になることも多いみたいですからね。

個人的にはここまで予想。状況次第でこれ以上もあるとは思いますが、私は売ります。

 

個人的な投資状況

11枚あって、フィーバー案件。狙って集めたというよりは、よくまとめ売りで見かけたなという印象です。

この前、少し上がってきたタイミングで売りに出したらすぐ売れました。もう少し上がるかもなと思い、売りを止めていたんですが、上手く行って良かったです。これ以上は欲張りすぎだと思うので、全力で売りに行く作戦で進めていきます。

 

まとめ

本日は闇の覆いでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました