【MTG 高騰】総帥の召集 代々の墓地とは便利なものだな。

総帥の召集 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年12月7日現在

今回の1枚

今日は派手なリアニメイト呪文です。夢ありますね、こういうカードは。オンスロートのレアソーサリー。

総帥の召集 Patriarch’s Bidding です。

総帥の召集

代々の墓地とは便利なものだな。――― 陰謀団の総帥

打ったらもれなくフィーバータイム。多人数戦では収集付かなくなることもあります。ぶっ飛んだ効果が魅力のリアニメイト呪文ですね。

効果は単純なように見えて実は複雑です。実は日本語版に誤訳があったりしたんですよね。まずは、現在の効果文を原文ままどうぞ。

各プレイヤーは、クリーチャー・タイプを1つ選ぶ。各プレイヤーは、自分の墓地にあるこれにより選ばれたタイプのすべてのクリーチャー・カードを戦場に戻す。

つまり、自分から初めて、各プレイヤーはクリーチャータイプを1つ選びます。そして、その選ばれたタイプを持つクリーチャーを全て、全プレイヤーの墓地から戦場に戻します。例えば、自分がドラゴン、A君がゴブリン、Bさんがウィザード、C君がビーストと選択すると、ドラゴンとゴブリンとウィザードとビーストが全員の墓地から蘇生するという効果です。

間違いやすい効果で、自分で選択したタイプをそれぞれが蘇生するという勘違いが多発します。しっかりと説明したうえで、フェアに頭を悩ませたいカードですね。ルール上、自分から選ぶというのもポイントで、相手が後出しじゃんけんができるというのはデメリットになり得ます。ただ、戻ってくるのは同時なんですが・・・。

 

価格情報

総帥の召集

ゆるやかに、確実に、上がってきました。最安に至っては倍になっています。いつの間に・・・。意外とこういう緩やか高騰って気づけないですよね。

また、再録禁止カードではないんですが、今のところ一度も再録がありません。使うとめちゃくちゃ楽しいので、多くの人に使ってほしいんだけどなー。少し、手に入りにくいカードになっていますね。

 

高騰理由

ご想像通りだと思いますが、統率者戦の需要です。高騰の理由としては統率者レジェンズにて再録されなかったのも少しは影響しているとみています。

ちなみに、相性が良いのはやはり部族デッキ。その中でもドラゴン、スリヴァーなどの相手の部族がまとまって帰ってきたところで、圧倒的なパワーで踏みつぶせる種族は使いやすいです。

始祖ドラゴン 初祖スリヴァー

特にスリヴァーなんかはスリヴァーサイクリングで連鎖的に墓地を肥やせるカードもあるので、総帥の召集やその他大型リアニメイト呪文を主軸にデッキを作ってもよさそうですね。

 

今後の予測

これからも上がり続けると思います。感覚では2,500円以上行ってもおかしくないかな?取引件数は多くなさそうですが、欲しい人は多いはず。

再録がないこともそうですが、ここまで明らかに楽しいカードは期待せざるを得ません。やはり、多くの人が打ってみたいカードなのではないでしょうか?

 

個人的な投資状況

これが売る用は1枚もないんですよねー。やってしまった。上がるのは分かってたのに・・・。自分にドンマイと言いたい。

一応、プレイ用に1枚あるんですが、ボロボロのヘビープレイドなので、買い替えもかねて買っておけばよかったと少し後悔。上がる予想ですし、これから買い増そうと思っています。

 

まとめ

本日は総帥の召集でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました