【MTG 高騰】岩への繋ぎ止め マジックの除去って多彩ですよね

岩への繋ぎ止め MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年10月29日現在

今回の1枚

いつかは来ると思ってた時にほぼ上位互換の対抗馬が登場。当分は高騰しないと思われていましたが、よく考えればパイオニアがあるやん!ということで、本日はテーロスの除去エンチャント。

岩への繋ぎ止め Chained to the Rocks です。

岩への繋ぎ止め

1マナという軽さでどんなクリーチャーでもほぼ確定除去することができます。流刑への道もびっくりな性能ですが、少し縛りと弱点があります。

まずは赤白を含むデッキでないと使えないという縛りです。相手のクリーチャーは縛りなく追放できるのですが、こちらは岩への繋ぎ止めを「山」にエンチャントする必要があるのが難しい。使おうと思うと、必然的にデッキの色は赤白系に縛られます。

余談ですが、モダンホライゾンでは、ほぼ上位互換のリメイク版として薄氷の上が登場しました。

薄氷の上

これは効果はそのままに氷雪の土地のであれば色を問わなくなっています。ただし、岩への繋ぎ止めはパイオニアで使える!というのが差別化できている点になっていますね。

また、弱点としてはエンチャントとして場に残ってしまうので、割られる可能性があることです。エンチャントを除去する手段は沢山あるものの、そこまで積極採用されないので狙われづらくはありますが、どうしてもリスクにはなってしまいますね。

 

価格情報

岩への繋ぎ止め価格

じわじわ来てからの、ぴょこーーーん。

最安とトリム平均が揃っているのは、このカードに対する市場の評価が上がっているのかな?と推測できます。

なぜなら「ほとんどのショップが同じ値段をつける」か、「最安のショップ以外の在庫が無くなる」かぐらいでしか、こうなることはないからです。高いところから順になくなるというのは稀なケースなので、基本は安いところから消えていく・・・ということは評価が上がっているといえます。

詳しく整理すると「ほとんどのショップが同じ値段をつける」状況は、市場で売れていてショップ在庫が少なくなると起きやすいですね。様々にばらけた値段を各ショップが付けていく中で、安いところから順に売れていき、どこかで落ち着きます。そこが適正売価となり、揃っていくわけです。ということは安いショップが付けた値段よりも高い金額で売れる=価格の評価は上がっている。って感じです。

次に「最安のショップ以外の在庫が無くなる」という状況は、安いところが売り切れていき、高いところが最安になった=価格の評価は上がっている。となりますね。

例外はありますが、ほぼこの規則性は崩れないはず。たぶん。この辺りは説明が難しいんですよね。私は本業でこういった数字を扱う仕事をしているんですが、それでも難しい・・・。

 

高騰理由

使われている赤白絡みのデッキは2つ。パイオニアの赤白バーンジェスカイファイアーズです。

ボロスの魔除け 創案の火

赤白バーンはパイオニア色の強いデッキですね。モダンより火力の種類が少なくなるので、何か優秀な火力をとなるとボロスの魔除けが選択肢になります。だから、赤白で組まれることが多くなり、岩への繋ぎ止めはバーンのような速いデッキにおいてもスピードを落とさない除去として居場所があるわけです。

また、ジェスカイファイアーズはぶん回れば屈指の強さを誇るのですが、動き出すまで相手を止める必要があります。そこで、ほぼ確定除去の岩への繋ぎ止めということですね。これもすんなり納得できます。

この2つのデッキは比較的人気の部類です。よく見かけるので、需要が増えての高騰とみています。

 

今後の予測

確定除去としては優秀なものの、活躍の場がパイオニアだけになっているのが現状です。感覚ですが、500円前後が適正金額かなと思います。

致命的な一押しとかと同じイメージで考えて推測しましたが、個人的にはもっと上がっても良いカードだと思いますので、今後も期待したいところ。特にバーンは急に強化される可能性があるので、要注目です。批判家刺殺みたいなことがあるので・・・。

 

個人的な投資状況

かなり枚数があって23枚ありました。仕入れは平均80円。これは儲かる案件来たなという感じです。

まあまあ、在庫もあるので、売りに出しつつ様子見ながら売価調整しようかなと思ってます。

 

まとめ

本日は岩への繋ぎ止めでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました