【MTG 高騰】絶え間ない飢餓、ウラモグ 昨日に引き続き腕が沢山

絶え間ない飢餓、ウラモグ MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年10月12日現在

今回の1枚

今日はド派手な大型クリーチャーを紹介します。かつて、最新セットで再々来訪している「ゼンディカー」を襲い、プレインズウォーカーたちによって退けられました。現実世界ではパイオニア、モダンを襲撃中。戦乱のゼンディカーより神話レア・エルドラージ。

絶え間ない飢餓、ウラモグ Ulamog, the Ceaseless Hunger です。

絶え間ない飢餓、ウラモグ

マジック27年の歴史を見返しても「一撃で」「確実に」戦況を変えられるカードは多くありません。なぜならインスタントタイミングで動けるからですね。これがマジックの魅力でもあるわけですが、打消し呪文や対処できる行動があるので、確実に通るという行動は少なくなります。

ただし、唱えられた呪文に対しての行動は沢山あるのですが、それらをかいくぐりやすい唱えたときに呪文の解決を待たずに解決される効果を持っているカードがあります。俗にいう唱えたとき誘発というやつですね。この効果を持つカード群は通常の呪文として解決される前に唱えたとき誘発で一定の仕事をするので、たとえ呪文そのものが打ち消されても全くの損にならないという利点があります。

では、今日のカードを見ていきましょう。ウラモグ・・・。とにかくデカいですね。10マナ10/10です。そして破壊不能を持っています。更に誘発効果が2種。これが真髄です。

まず、一つ目は先ほども書いた唱えたとき誘発で、パーマネントを2枚追放します。これが非常に強力で、1対2交換が確定し、しかも追放で、土地まで対象に取れる・・・。とにかく強くデザインされていることが分かります。

そして、攻撃時の効果も派手で相手のライブラリを20枚ふっ飛ばします。パワーが10もあれば不必要な効果に見えますが、相手がダメージを受けないようなロックデッキだった場合に有用で、ダメージ以外の勝ち手段になりますね。また、相手がコンボできだった場合もかなり効く一発になりそうです。コンボパーツが全て逝ってしまうなんてことになりかねませんので・・・。

 

価格情報

絶え間ない飢餓、ウラモグ価格

凄い価格になってます。ただ、少し落ち着いてきていますね。

色々と要素が考えられて、まず入りそうだったダブルマスターズに入らなかったのは驚きでした。それで上がってきたというのもありますね。ダブルマスターズが今年の8月ですので、合点がいきます。

しかし、同時期にパイオニアで真実を覆すものケシスなどのクリーチャーコンボ系のデッキが禁止改定で退場。それらのコンボデッキに強いカードなので、相対的に価値が下がった可能性があります。もしかすると5,000円超えてくる可能性もあると考えると、パイオニア屈指の高額レアだと言えるでしょう。

 

高騰理由

使われているデッキは様々。マナが伸びるデッキであれば常に選択肢です。落ち着いてはいるものの、高騰理由としては様々なフォーマットでランプ戦略のフィニッシュ手段として使われ続けているからです。

パイオニアでは、緑単信心青緑系のランプデッキで活躍中。特にパイオニアは追放除去がそこまで多くないので、この破壊不能10/10が出た後に対処するのは非常に困難です。

モダンではおなじみのトロン系で活躍中。モダンにはロックカードも粒がそろっているので、どんなものが来てもとりあえず2枚追放でふっ飛ばせるのがとても有用。しかも、最速4ターン目に出せるので、いきなり出てきて土地を2枚追放すれば・・・。ゲームエンドまでスキップしますね。

ちなみにレガシーのエルドラージポストにも居場所があります。本当に強い万能カードと言えるでしょう。

 

今後の予測

流石に高すぎます。ここまで予想です。

レガシーのエルドラージポストでも使われているのが少し引っかかりますが、限界値だと見ています。何故引っかかるかというと、高額カード満載のデッキでもデュアルランドがいらないというだけで作りやすい部類のデッキに入るからです。なにかのタイミングで人気が爆発する可能性は大いにあるので、期待したいところですね。

 

個人的な投資状況

4枚揃えています。3枚は使ってます。1枚は統率者戦の梓で、2枚はモダンのトロンです。

残り1枚は売りに行こうと思ってますが、少し悩んで決めました。ここまで予想ですが、少し待ちたいと思います。何故かというと、かなり安く仕入れられているからです。かつてスタンダードで霊気池の驚異が禁止されたころに買ったので、1,000円で4枚買えたんですよね。少し下がっても痛くないので、キープするという判断です。

 

まとめ

本日は絶え間ない飢餓、ウラモグでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました