【MTG 高騰】無謀な嵐探し 攻撃性能はピカイチ

無謀な嵐探し MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年10月25日現在

今回の1枚

今日はスタンダードからパイオニアまで活躍の幅を広げているイニストラード:真夜中の狩りのクリーチャーをご紹介。スタンダードにローテーションが来てからしばらく経ちましたが、活躍を伴って値上がってくるカードが増えていますね。

無謀な嵐探し Reckless Stormseeker です。

無謀な嵐探し 嵐蓄積の斬鬼

以前の記事からそのままコピーしていますが、昼夜システムの解説からどうぞ。過去にあった狼男の変身システムとは異なるのでご注意を。

・表面を「昼」、裏面を「夜」と定義する
・カードごとではなく昼夜の要素はゲームそのものが持つ
・全プレイヤーで昼夜は共有する
・ゲーム開始時は昼でも夜でもない
・昼夜システムを持つパーマネントを場に出すと「昼」になる
・ターンプレイヤーが呪文を唱えなければ昼⇒夜になる
・ターンプレイヤーが呪文を2つ唱えれば夜⇒昼になる
・昼夜システムを持つカードは現在の状態の面で唱えることになる
・直接、昼と夜を入れ替えるカードもある

ざっくりこんな感じです。昔の狼男が変身するシステムとの違いは、昼夜の状態をゲーム全体で共有することと、変身条件である呪文を唱えた回数がターンプレイヤーだけをカウントするようになったことで、微妙に使用感が異なります。

そして、メインの効果はというと戦闘の開始時に自軍クリーチャー1体に+1/+0修整と速攻を与える効果です。裏面時は+2/+0修整と速攻とトランプルを与えます。この効果で対象にするのは自身でもよく、単純に速攻持ちアタッカーとして運用可能です。もちろん、他のクリーチャーを強化する使い方でもOK。攻撃性能の高い、流石はレアといった性能ですね。

 

価格情報

無謀な嵐探し価格

ぐいぐい上がって、一時600円を突破。最安は暴れていますが400円ぐらいとみて良さそうです。

バージョンとしては例によってInnistrad: Double Featureのモノクロアート版やショーケース版などが存在します。

 

高騰理由

スタンダードの需要は赤単、そしてグルールアグロでよく見かけます。

フェニックスの雛 ケッシグの自然主義者

どちらも素早くライフを削り取ることを目指すデッキですが、団結のドミナリアで稲妻の一撃が再録したのが大きな追い風となっていますね。

稲妻の一撃

また、パイオニアのグルールアグロでも活躍中。パイオニアの場合は1マナのマナクリーチャーを使うと3マナクリーチャーを2ターン目に出せる動きが強力な為、3マナクリーチャーの価値が高くなりがちです。そこにちょうど良くハマる1枚と言うわけですね。

ラノワールのエルフ エルフの神秘家

活躍の幅が広がっていることと、特にスタンダードはローテーションと禁止制限による環境の変化が合わさって高騰してきたということだと思います。

 

今後の予想

わりと適正な価格だと思いますが、あと少し伸びそう。世の中の在庫が少なくなってきているみたいですね。

最安500円、トリム平均800円ぐらいのところが妥当なのではないでしょうか?

 

個人的な投資状況

4枚押さえてます。私はどちらかというと下環境で集合した中隊から飛び出す速攻付与クリーチャーとして期待し、購入していた感じです。

集合した中隊

今のところグルールアグロで集合した中隊を採用しているのは少数派みたいですが、私が期待した使われ方がされてくればもっと上がるかもしれませんね。

 

まとめ

本日は無謀な嵐探しでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました