【MTG 高騰】工匠の直感 さあ、神河っぽい高騰が出てきましたよ

工匠の直感 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年2月1日現在

今回の1枚

今日も新神河関連です。いろんなコンボがあるので、すでに話題になってるのかな?フィフス・ドーンのレアエンチャントを紹介します。

工匠の直感 Artificer’s Intuition です。

工匠の直感

フィフス・ドーンらしく、アーティファクトにまつわる効果を持っています。青1マナ+アーティファクトを1枚捨てて、デッキの中から1マナ以下のアーティファクトをサーチして手札に加えるという効果です。

1マナで手札を交換することができるので、まあまあ優秀な置物だと思います。しかも、持ってくるカードを選べますからね。使いどころはあると言いたいところですが、コストに色マナとアーティファクトのディスカードを要求されることと、持ってこれるアーティファクトが1マナ以下のみということで、若干縛りが強めです。

かつてはマナが続く限りデッキを掘り進めることができるカードとして使われていたことがあります。どちらにしてもコンボ向けのカードですね。

 

価格情報

工匠の直感価格

一気に立ち上がって1,000円に到達。もう1,000円で買えるところは無いようで、更に高い水準と見て良さそうです。

再録してそうで、再録していないカードで、初出が17年前ということで手に入りにくくなってしまいましたね。

 

高騰理由

神河:輝ける世界で問題児登場です。日本語名はまだ分からないのかな?このカードです。

Containment Construct

日本語訳は「あなたがカードを1枚捨てるたび、あなたはそのカードを墓地から追放してもよい。そうしたなら、このターンあなたはそのカードをプレイしてもよい。」こんな感じになりそう。これは・・・まずいね。笑

つまり、カードを捨てることがコストになっているカードは実質ノーコストのように使うことができるわけです。様々なコンボが考えられますが、豪快にカードを捨てて大きなリターンが得られるカードと言えば、ライオンの瞳のダイアモンドでしょう。

ライオン瞳のダイアモンド

例えば、工匠の直感Containment Constructが場にあって、ライオンの瞳のダイアモンを引いたとします。手順はこんな感じ。

①工匠の直感で1マナ使ってライオンの瞳のダイアモンドを捨てて、ライオンの瞳のダイアモンドをサーチ
②追放領域からライオンの瞳のダイアモンドを唱える
③この①⇒②の手順を4回繰り返す
④ライオンの瞳のダイアモンドを一気に起動すると12マナ
⑤捨てたカードが全部使える
⑥わーーーーってバーーーンでゲームに勝利する

なかなかのコンボですね。しかもライオンの瞳のダイアモンドを引いて無くても+1マナかかるだけで同じコンボに乗せることができます。

他にもいろいろあるので、いろいろ探してみたくなりますね。分かりやすい最新セットのカードと強力なシナジーを形成したことでの高騰です。なんかこういう変なカードって神河っぽいよね。そんなことない?笑

 

今後の予想

現在2,000円出せば買える感じかな?持っていた方はラッキーですね。

現状は2,000~3,000円ぐらいの幅で天井を打って、そこから緩やかに下がってくると思います。

 

個人的な投資状況

いえーーーい12枚あったぜ。笑

まあ、ノーマークだったので、狙って投資したわけではありませんが、しっかり在庫しているとこういうことがたまに起こります。なんにしてもラッキーでした!売りに出そうと思います。

 

まとめ

本日は工匠の直感でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました