【MTG 高騰】玄武岩のモノリス 相棒と一緒に無限マナだそう

玄武岩のモノリス MTG 高騰
スポンサーリンク

アンタップ、アップキープ、どーも

MTGアカデミーのジンです。

今日も価格リサーチ&ディスカッションしていきましょう!

2020年4月29日現在

 

イコリア:巨獣の住処で様々なカードが登場し、

大きく市場が動いています。

それ絡みの紹介が増えていますが、

イコリア:巨獣の住処に収録されたカードそのものを紹介することは

基本的にありませんので、ご了承ください。

 

なぜならこのブログはカードゲームで稼ぐがテーマですので、

安く仕入れて→高く売るが大前提です。

仕入れ期間のほぼ無い新弾は投資期間がなさ過ぎて

枚数を買い込むことができません。

たまたまパックから出たカードがいきなり値上がった!

これは投資に成功したとは言えないので、

このブログでは発売すぐの高騰をあまり取り上げない方針です。

取り上げるときはよほどの時ですね。

 

ちなみに少し前にイコリア期待のカード10選を記事にしてますので、

良かったらご覧ください。

この記事で取り上げているカードも

「このくらい安くなったら投資する」

というスタンスで書かれています。

 

ただし、統率者などの特殊セットは別です。

供給量が通常パックに比べて少ないからですね。

 

今回の1枚

前置きが長くなりましたが、

今回も高騰カードを紹介していきます。

昨今問題になりつつある相棒もちカードで注目されている

とても古いアーティファクト。

玄武岩のモノリス Basalt Monolith です。

玄武岩のモノリス

 

かなり昔からあるアーティファクトですが、

最初期のアルファなどから収録されていたカードですね。

何度か統率者デッキでも再録されています。

 

効果は

タップで3マナ生み出す。
3マナでアンタップする。
アンタップステップにアンタップしないデメリット。

なにかできそうな匂いがするカードですよね。

では価格情報行きましょう。

価格情報

玄武岩のモノリス価格

えっ!?下がってんじゃん!?

と思った方もいると思います。

こういう時はきちんと数字を読み解くことが大事です。

 

まず、大幅に下がっているのは平均価格であり、

最安と比べて異常な高さになっている点に注目します。

これは先ほども書きましたが、アルファの時代からあるので、

アルファ版などの昔のバージョンは値段がもともとするわけです。

その古いバージョンが平均を押し上げているわけですね。

 

もう一つは最安値はわずかに上がっているだけように見えますが、

実はものすごく上がっている点。

よく見ると、だいたい300円から

2,000円くらいに上がっているように見えます。

いまは落ち着いているものの、最安は500円~1,000円くらいになっていますね。

十分な高騰です。

 

高騰理由

活躍の場はレガシー統率者戦

無限マナのコンボに使います。

まず、レガシーの場合はボンバーマン系が有名です。

サルベイジャーコンボってやつですね。

オーリオックの廃品回収者 ライオン瞳のダイアモンド

上記の2枚をそろえると好きな色の無限マナが出せるわけですが、

勝ち筋がこれだけでは戦い辛い。

その為、他の勝ちパターンとして、

アーティファクト2枚を組み合わせた無限マナコンボを採用しています。

厳かなモノリス 多用途の鍵

組み合わせは沢山あります。

今回の玄武岩のモノリスは5枚目以降の厳かなモノリス扱いでしたが、

この度状況が変わりました。

それは、ザーダたんの登場です。

黎明起こし、ザーダ

起動効果のマナを軽くすることで、

アンタップする効果に対して産み出すマナの方が多くなります。

その為、簡単に無限マナに持っていけるようになりました。

 

そして、それがサイドボードから飛んでくるとすれば・・・

あとは単純な話です。

デッキの中のカードはほぼアーティファクトの為、

相棒の縛りも問題なし。

オーリオックの廃品回収者と色がかぶっているので、

無理なく採用できます。

 

統率者戦でも同じようなコンボで使います。

この度ルールの修正で

相棒カードは統率者戦でも使えるようになったので、

状況は同じです。

ただし、デッキの中99枚が全て起動効果を持たなければいけないのは

少し難しいので、伝説という点を活かして、

統率者として起用してしまうのもありですね。

 

とにかく、玄武岩のモノリスは1枚で完結するカードではなく、

多くのコンボカードと同様に相方が必要なカードです。

その相方が初めから手札にいるかのように唱えられる・・・

しかも3マナという軽さで・・・

弱いはずがないですね。

 

今後の予測

再録されたのが少し前になりますし、

コンボの有用性を考え、上がってくると予想。

ただし、最初期のバージョンのせいで

正しく平均価格が反映されないのはこれからも続くので、

売り時を間違えないようにしたいですね。

 

個人的な投資状況

統率者戦のバージョンで10枚ありました。

平均仕入れは300円していないと思います。

流石にアルファ版リバイズド版はありませんでした。

 

個人的にはこの在庫は

ちょっと売りたくないなあと思ってます。

上がっている確信はあるものの

安定していない感覚もあるので、少し怖い。

 

すでに利益は出るので、高めに出品しながら

様子見しても良いかな?どうかな?

もう少し迷ってみることにします。

 

下がる確率は低いかなと思っているので、

焦らない。これ大事。

 

まとめ

本日は玄武岩のモノリスでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、

知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

 

このブログも立ち上げたばかりなので、

記事の形式やサイトの見易さなどにもご意見なども頂けると嬉しいです。

 

それでは、今日もマジックで稼いでいきましょう。

MTGアカデミーのジンでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました