【MTG 期待の1枚】名誉に磨り減った笏 マナが出るカンペ

名誉に磨り減った笏 MTG 期待の1枚
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカードゲーム副業で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



本日は、値上がる予想をしているものの、まだ上がってきていないカードを紹介する【MTG 期待の一枚】です。

今日は少し難しい記事にチャレンジしてみますが、うちのチビがかまってちゃんモードにつき、片手で書いています。笑
誤字脱字、ご容赦ください。

2020年8月2日現在

 

今回の1枚

本日は神河物語産のアーティファクトを紹介しますが、半分は妄想で書くことになりそうです。まあ、いつもそうと言えばそうなんですが、今回は特に確証がないというか・・・難しいですね。ものは試しということで、チャレンジしてみます。

名誉に磨り減った笏  Honor-Worn Shaku です。

名誉に磨り減った笏

Shakuって、そのまんま。もっとなんかこうさ、なんかなかったのかな笑?まあ、神河はこういうカード多いですよね。

すべての笏は、その主に与えられる前に、主の領土のすべての領地の英雄から祝福を受ける。

だそうですよ。随分たいそうなものだと受け止められていたようですが、我々日本人からしたらこれただの”カンペ”ですからね(笑)。聖徳太子とかが持ってたイメージがあると思いますが、が持つ本来の役割は偉い人がしゃべる内容を忘れないようにメモして、さりげなく見るためのものです。そんな英雄から祝福を受けるような対象ではありませんね。

それはさておき、効果をおさらいしましょう。

タップで1マナ。よくあるマナファクトですが、後半の効果が面白いです。伝説のパーマネントをタップすることで、自身をアンタップできます。これは、おそらく唯一の効果なのではないかと思います。

例えば、タップすることがないようなパーマネント。特にプレインズウォーカーが分かりやすいですが、伝説のエンチャントなど意外と立てたまま運用するカードは結構あるので、上手くデッキを作ってあげれば1ターンに複数マナ生み出すことも夢ではありません。

なんか使えそうなカード・・・というのは分かって頂けたんではないでしょうか?

 

価格情報

名誉に磨り減った笏価格

あれ?上がってる・・・。「いつか上がるだろう」と紹介するはずが、大幅に予定が狂うんですが・・・。

ただ、大きな大会などで結果を残したわけでもないですし、友人にリサーチをかけても最近見たことはないと言います。かなり、古いカードで再録がないことから、在庫が無くなって一時的に値段が吊り上がったように見えている説が濃厚ですね。

予定通り、いつか上がるだろうでいきます。

 

注目理由

先ほど、書いたプレインズウォーカーをマナファクトみたいに使える動きが面白いので、そこに着目すると次回セットであるゼンディカーの夜明けを少し意識してみたいです。5年前に戦乱のゼンディカー、ゲートウォッチの誓いという2つのセットで、ゼンディカーに二度目の来訪をしたときはウラモグコジレックという大型エルドラージをゲートウォッチの面々で退けたストーリーが描かれました。

ゲートウォッチとはギデオン、ジェイス、リリアナ、チャンドラ、ニッサの5人で結成したチームのことで、大活躍の結果、マジックにしては珍しく?、かなりさわやかなエンディングを迎えたセットでもあります。イニストラードにエルドラージの脅威は引き継がれましたが・・・。その後、メンバーが出たり入ったり色々ありましたが、チームは存続しているようです。

そして、ゲートウォッチの誓いには、プレインズウォーカーを助けるカードが多数収録されていました。例えば、ゲートウォッチ招致各種誓いサイクルです。

ゲートウォッチ招致 ニッサの誓い

次のゼンディカーの夜明けでは少なくともプレインズウォーカーにスポットが当たるのは間違いなさそうですし、プレインズウォーカーコントロールみたいなデッキがモダンに出てくれば、ワンチャンスあるのではないかと妄想しています。

そもそも灯争大戦でプレインズウォーカーのバーゲンセールもあったので、統率者戦とかでプレインズウォーカー詰め合わせデッキみたいなファンデッキ作ってる方もいそうですよね。そのデッキには入ってるのかな?

ほんとのほんとに推測というかただの妄想ですが、いつかなんかやるだろうと思ってるカード。それが名誉に磨り減った笏です。注目理由になってるかな?たぶん、なってると思います。

 

今後の予測

200円ぐらいの実力はあると思いますよ。って書こうとしたら上がってしまってんですよねー。しかも、300円まで。

ただ、先ほども書いたように一時的なものだと思いますので、在庫が復活すればすぐに下がると思います。今の実力は100円です。いつか、ほんとに300円とかまで行ってほしいなぁ。再録もないですしね。

 

個人的な投資状況

11枚ありました。なんかやるだろうと思って80円以下なら買うようにしています。

こういったなんかやるだろうと読んでいるカードは投資対象として慎重に向き合う必要があります。価格の基準を決めて買っていったほうがいいです。ただ、ここで必ずやりたいことがあります。それは、定期的な基準の見直しです。ここは在庫の管理と言いたいところなんですが、それ以上に大事になってくる可能性があります。

分かりやすい例としては、相場100円のカードを80円で見つけたら買うと決めて集め始めます。しかし、気づかないうちに相場が50円に下がっており、それでも80円で買い続けていると、損ですよね?また、50円に下がってしまったことで、次に利益が出るところまで高騰するのがより難しくなります。

自分が思っている以上に価格は変動しています。最も大事なのは利益の最大化です。その為には高く売るのもそうですが、仕入金額を抑えることが極意になってきます。頻繁に基準を見直して、有利な価格で仕入れていくことを意識しましょう。

あと、これは賛否あると思いますが、私は80円以下と基準を決めたカードが90円で売っていたら買いません。85円なら状況次第ですが買います。誤差は1割です。それぐらいシビアにしていけば仕入金額を抑えていくことができると思っています。参考までに・・・。

 

まとめ

本日は名誉に磨り減った笏でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

 

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

  1. お久です。
    前に記事に書かれていた
    歴戦の紅蓮術師上がってきてますね。

    ジン先生は
    蜃気楼の鏡というカードについてはどう思いますか?

    • コメントありがとうございます。
      歴戦の紅蓮術士はおかげさまで買いなおしたり、売ったりで儲かってますね。
      過去の失敗を少しは取り返せそうで良かったです。
      蜃気楼の鏡いいですね。
      スタックして、いろんなパーマネントに連続してなれるのが、悪いことに使う未来しか見えないと思ってます。
      50円以下、無限回収中です。
      近い将来、かなりの確率で値上がると思っています。

タイトルとURLをコピーしました