【MTG 雑記】まだ相棒に価値はあるのか?

ヨーリオン MTG 雑記
スポンサーリンク

アンタップ、アップキープ、どーも

MTGアカデミーのジンです。

今日もディスカッションしていきましょう!

2020年6月3日現在

 

以前も実施したことがあるのですが、今日は見やすさ実験もかねて改行が少なめです。昨日の禁止改定で公式の記事を見ていて、少し寄せてみようかなという思い付きですね。公式の記事、思いっきり誤字してましたけどね。笑

このブログはスマートフォンからご覧になられているプレインズウォーカーの皆様が多いようなので、改行を少なくすることでバラバラ感をなくそうという趣旨もあります。自分では分からないことも多いので、よかったらコメントくださいね。

 

はじめに

先日の禁止改定で大きく環境が変わりそうです。特に禁止もそうですが、相棒ルールの変更が大きな話題を呼んでいますね。以前、相棒ルールの変更案を記事にしたことがありますが、もちろん予想していない奇抜な変更でした。

流石にカードのテキストからは読み取れない改変は新規ユーザーを置いてけぼりにするので、避けてくると思ったのですが・・・これは社長室に呼ばれてどうぞ。

一つ前の記事は禁止改定そのものにふれたので、今回は相棒のルール変更に絞って記事にしていくとします。

 

ルール変更のおさらい

改めて、公式の記事を抜粋します。

各ゲーム中に1度だけ、あなたはソーサリーを唱えられるとき(あなたのメイン・フェイズの間でスタックが空であるとき) に3マナを支払うことでサイドボードからあなたの相棒をあなたの手札に加えることができる。これは特別な処理であり、起動型能力ではない。

細かいルールを見ていきましょう。まず、この3マナ支払って手札に加えるという効果はソーサリータイミングでのみ使用可能。つまり、公式の注釈にもありますが、自分のメインフェイズであり、スタックが空(=何も解決待ちの呪文や効果がない)の状態で宣言して使うことになります。

そして、これは「特別な処理」です。他のカードに邪魔されたり、この処理に何かの行動を重ねることはできません。イメージしやすく、土地を置くという行動と同じと言えばわかりやすいでしょうか?専門用語でいうとスタックに乗らない処理ということです。ルールのおさらいはこんな感じ。

 

このルール変更でどう変わるのか?

では、まず今までのルールで考えられた問題点をまとめると・・・

・実質、初手8枚スタート
・マリガンに強くなる(有効牌が1枚確約されている)
・必ず初手に来るカードがあることで、必ず実行できる戦術が用意できる
・手札破壊が効かない
・手札からのキャストを封じる効果が効かない

細かいところはまだありますが、大きくこの5つが問題でしょう。それが、今回の改定でこうなりました。

・初手は普通に7枚スタート
3マナで実質1枚ドローをゲーム中一度だけ使えるようになる
・マリガンにやや強くなる(有効牌が1枚マナさえ払えば手に入る)
マナさえ払えば必ず来るカードがあることで、必ず実行できる戦術が用意できる
手札に加えてから唱えるまでの間は手札破壊が効く
・手札からのキャストを封じる効果が効く

あまり変わってないようで、大きな変化。特に今まで手札にあるかのように使えていただけで手札を経由していなかったので、妨害が効くパターンも多くなり、ハンドアドバンテージもほぼなくなりました。なかなかの良調整ではないでしょうか?テキストから読み取れないことを除けば・・・あと一つの不満を除けば・・・

あと一つの不満とは・・・

 

相棒の市場価値

あと一つの不満、それは相棒ごとの格差です。市場価値はばらつくと思います。あまり活躍していなかったカードもありますが、今のところの予想はこんな感じ。

ヨーリオン・・・影響が少ない。まだ活躍できそう
ジャイルーダ・・・始動が遅れるだけで問題なし
オボシュ・・・打点を出したいデッキなのに遅いのは辛い
ジェガンサ・・・ゆっくりデッキでまだいけそう
カヒーラ・・・使うなら普通にメイン投入の方が良い
ルールス・・・コンボ系ならまだ居場所ありそう
ルーツリー・・・合計6マナでやるアクションではない(メイン投入あり?)
ウモーリ・・・マナコスト軽くしたいのに3マナ払ってられない
ザーダ・・・なんだかんだ悪いことしそう
ケルーガ・・・相当ゆっくりなデッキでしか使えない

まだいけるなんとかなるかなりきついに分けてアンダーライン引いてみました。今回のルール改変で使わない方がマシという評価をせざるを得ないカードが出たのは事実。それが残念で、失敗メカニズムと言われてしまうでしょうね。

では市場価値ですが、まだいける3体は大きく暴落することはなさそう。他は落ちてきそうです。元々高額というほどではなかったですが安レアの仲間入りでしょうね。以下、価格予想です。

ヨーリオン・・・じわじわ400円ぐらいまで上がりそう
ジャイルーダ・・・300円をキープ
オボシュ・・・50円
ジェガンサ・・・50円。いずれ100円
カヒーラ・・・50円。気づいたら80円
ルールス・・・300円ぐらいまで落ちそう
ルーツリー・・・50円
ウモーリ・・・50円
ザーダ・・・100円まで下がるが、いずれ300円超えそう
ケルーガ・・・50円

以前、相棒とシナジーがあるカードを追いかけても相棒自体を追いかけるのは無理しない方が良いと記事にしましたが、その通りになりました。(以前の記事はこちら。ルール変更案もありますが、外してます。笑)もちろん相棒関連のカードも全体的に向かい風です。

こればかりは仕方ないと諦めるしかないです。これから売っても二束三文にしかならないので、在庫にしていく方が良いですね。コンボが開発される可能性のあるカードもあるので、希望を持ってストレージボックスの奥へしまいましょう。

ただし、ヨーリオンだけは研究し続けるべきだと考えています。かなり特殊なので何が起きるか分かりません。いずれヨーリオン単体で記事とか書いてみたいな。

ヨーリオン

 

まとめ

本日は相棒ルールにまつわる独り言でした。

少しでも参考になればうれしいです。

 

コメントでご意見などぜひとも。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、

知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

メールアドレスなしでもコメントできるようになりました。

 

このブログも立ち上げたばかりなので、

記事の形式やサイトの見易さなどにもご意見なども頂けると嬉しいです。

 

それでは、今日もマジックで稼いでいきましょう。

MTGアカデミーのジンでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました