【MTG 高騰】衝撃の足音 予言します。1秒後にサイが2体。

衝撃の足音 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年6月20日現在

今回の1枚

しばらくモダンホライゾン2の影響で高騰したカードの紹介が続きます。すでに話題を呼んでいるカードですが、改めて周知する記事になりそうです。初代モダンホライゾンとモダンホライゾン2のコラボレーション。

衝撃の足音 Crashing Footfalls です。

衝撃の足音

モダンホライゾン2でも待機持ちの呪文が多く登場しましたが、初代モダンホライゾンでもいくつか入っていました。そのうちの1枚です。

緑1マナで待機し、4ターン後に4/4トランプルのトークンを2体出すという効果になっています。4/4が2体、しかもトランプル付きとなるとフィニッシャーになりえるパワーですが、4ターン後に出てくるとなるといくらでも対処可能。除去を温存しても良いですし、自分のクリーチャー陣を育てることに使える時間は十分あります。となると、インチキに使わなくては居場所がないでしょう。

値上がっているということはモダンホライゾン2でインチキカードが出たということになります。

 

価格情報

衝撃の足音価格

しっかりとジャンプアップ。100円以下で買えるようなカードでしたが、楽勝で500円を超えてきました。

高騰理由が色々あるので、順にみていこうと思います。

 

高騰理由

まずは活躍場所ですが、かなり多岐に渡っています。それらが複合的に高騰理由ということになるはずです。なので、インチキルートをいくつかご紹介。

予言によりルート

予言により

少し前に高騰カードとして紹介しました。(以前の記事はこちら。)

待機持ち呪文を置いてすぐ踏み倒せる設計になっているカードです。このカードと相性の良い待機持ち呪文が増える=過去の待機持ち呪文にスポットライトが当たるのは当然。その中で、衝撃の足音に注目が集中するのには理由があって、待機明けにクリーチャートークンを出すカードは衝撃の足音ぐらいです。厳密には待機持ちのクリーチャーがいるのですが、それらはマナコストが設定されている影響で、予言によりで踏み倒すことができません。予言によりからクリーチャー打点を出すのであれば、最も効率が良いのは衝撃の足音ということになります。

 

雷電支配ルート

雷電支配

色々種類はあるのですが、「マナコストが○○以下の呪文をタダで唱える」系のカードです。最近のトレンドはこの雷電支配。X=0で良いわけなので、2マナで撃てることから、この手のカードの中で一番軽いとされています。

 

続唱ルート

続唱でめくるとタダで唱えられる理論です。今までも続唱を持つカードは多々ありましたが、やはりモダンに断片無き工作員が参戦したことが大きいと思います。

断片無き工作員

やはり色があっているとインチキできなかった時に普通に唱えられるというのもありますが、シンプルに2/2クリーチャーの続唱から衝撃の足音がめくれると10点打点を盤面に展開できるのが非常に強力。今までは軽い続唱呪文はソーサリーで、かつ相手の状況次第では撃てないこともあったため、断片無き工作員の参戦は安定感を飛躍的に向上させています。

 

他には細かい高騰理由があって、1つ目はピッチ想起持ちクリーチャー忍耐がモダンホライゾン2で登場したことで、ピッチコストとして衝撃の足音が使えるということ。

忍耐

2つ目はモダンホライゾン2「旧枠で初代モダンホライゾンのカードが出る枠」で再録されなかったというのも多少の影響があります。

 

今後の予想

難しいのですが、一瞬1,000円に迫り、落ちてくる予想です。少なくとも現在は一気に注目されて在庫が枯渇しているような状況ですので、上がるの自体は間違いないと思われます。

問題はいつ下がってくるかですが、上記にあげたようなインチキルートはもっと派手な勝ち方もあるので、必ずしも衝撃の足音が必須ではありません。デッキタイプが分散するのではないかと予想しています。となると研究が進んで、しばらくしたら分散されてくることになると思いますので、1~2か月後には下がっていると思います。もし、衝撃の足音を採用した型が一強扱いされたら逆にもっと上がると思いますが・・・。

 

個人的な投資状況

そこそこあって、10枚あります。その内、1か月前に200円で買ったFOILが数枚。これは相当おいしいですね。

今のところ価格が安定しているわけではありませんが、もう十分に上がっているので売りに出してしまおうと思っています。

 

まとめ

本日は衝撃の足音でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

  1. これエグいことなりましたね

    いつもコッソリ参考にさせてもらってます

    • コメントありがとうございます!
      こういう高騰はマジックの醍醐味ですね!
      これからも見に来て下さい!

タイトルとURLをコピーしました