【MTG 高騰】ボーナスラウンド 群衆はみな身を乗り出した。

ボーナスラウンド MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年4月16日現在

今回の1枚

最近、このセットのカードが値上がり傾向です。特殊セットということもあるのですが、発売から3年も経たずに高騰カードを多数輩出しているのはすごいですね。バトルボンドよりレアソーサリーを紹介します。

ボーナスラウンド Bonus Round です。

ボーナスラウンド

二重呪文ボーナスラウンドが始まると、あり得ないような妙技への期待から、群衆はみな身を乗り出した。

もう1年以上ほぼ毎日更新で続けているこのブログですが、バトルボンドが初出のカードはこれで6枚目(たぶん)になります。投資家ホライゾンことモダンホライゾンに次ぐ多さになってるかもしれません。これからは投資ボンドと呼ぶことにしましょう。

さて、効果はというとForkです。インスタントやソーサリー(=スペル)をコピーするというものですね。この手のカードには2種類あって、「スペルに対応して撃つことでコピーする型」と「次に打つスペルがコピーされる型」に分かれます。ボーナスラウンドは後者ですね。

ただ、このカードが特徴的なのはこのターン中にこれから撃つスペルが全てコピーされるということと、このコピー効果が全プレイヤーに適応されるという点です。

順にみていくと、「このターン中にこれから撃つスペルが全てコピーされる」に関してはかなり強力で、マナを加速させたりカードを引けるスペルとの相性は抜群。特に魔力変は最高の相棒になります。

魔力変

そして、注意しなくてはいけないのが「コピー効果が全プレイヤーに適応される」ことで、自分だけでなく相手が使うスペルも2倍になるわけです。もちろん、相手のスペルをコピーするのは相手なので、例えば相手の手札に稲妻が2枚あれば12点もっていかれることになりますね。特に気を付けないといけないのはカウンターで、本来コピーすることによってカウンターを合わせられたとしても1つは残るのですが、カウンターもコピーされてコピーもろとも消されてしまいます。できれば相手の行動範囲を狭めてから使った方がいいですね。

デザインとしてはバトルボンドということもあり、味方のスペルを倍加させるカードとしての立ち位置なんだと思います。

 

価格情報

ボーナスラウンド

ここへきて最安が急上昇。

最安が急上昇してトリム平均があまり変わらないということは安いショップが売り切れて消えつつ、特別高く出しているショップがなかったからだと推測できます。ということは市場の共通認識として400円前後が妥当という評価になっているわけですね。

が、そこで思考停止するのはもったいなくて、少し「今後の予測」で考察します。

 

高騰理由

高騰理由としては2つ。まず、統率者戦やレガシーでの需要です。統率者戦では嵐呼びのカラマックスが有名で、エライことになります。(手順の解説は面倒なので割愛。)

嵐呼びのカラマックス

そして、レガシーはおなじみのストームです。ただ、よくある青赤黒の中からカラーをチョイスしたタイプのデッキではなく、赤に大きく寄せた赤茶単ストームのようなデッキで使われています。多色化しないということでデュアルランドを使わず、比較的安く組めるのが特徴です。

2つ目の理由は漠然としてますが、ストリクスヘイヴンの新キーワードの能力である魔技が関係してる可能性があります。

オニキス教授

魔技とはインスタントやソーサリーである呪文を唱えるかコピーするたびに何らかの効果が誘発するというものです。ボーナスラウンドとの相性は言わずもがなでしょう。何かコンボを見つけた方はコメントで教えてください。

 

今後の予測

今後の動き方は3パターンあります。当たり前なんですが、「上がる」「ステイ」「下がる」の3種類です。ただし、今回は少し事情が違うのは400円前後で価格が団子状態だということを考慮する必要があります。

普通は価格がばらけているので、新しく在庫が復活したショップは高めに出すか安めに出すか自由度がある状態です。これが団子状態になっていると大きく外れた価格は付けづらいんですよね。そもそもトリム平均の計算から弾き出され、計算されない可能性もあります。となると、新しい価格が入ってくることでの変動は期待し辛いわけですね。

つまり、400円前後で出しているショップがある程度価格調整をしないとトリム平均は動かないことになります。

で、今後ですが、値上げの方向で価格調整が入る予想です。レアだとか、統率者戦の需要があるとかいろいろ理由はありますが、安売りしなくてはいけないほど在庫は無いはず。もう一段高いところで売っても罰は当たらないでしょう。

 

個人的な投資状況

4枚ありました。まとめ売りとかパックから引いたとかで集まったものなので、仕入金額はそこまで高くないですね。

ひとまず、様子見ですが値上がってきたら売ってしまおうと思っています。

 

まとめ

本日はボーナスラウンドでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました