【MTG 高騰】極楽のマントル パラダイスならロックが好きです

極楽のマントル MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年4月14日現在

今回の1枚

最近、本業の方が忙しくて、なかなか大変です。実はこのブログが良い息抜きになっていたりするんですよね。以前も軽く触れたことがあるのですが、フィフス・ドーンのレア装備品が値上がっているので紹介しておきます。

極楽のマントル Paradise Mantle です。

極楽のマントル

0マナの装備品は使い道が多いのですが、中でもこのカードは別格です。使い道というのは0マナということを活かし、装備品が出たとき1枚ドローみたいなカードを併用して連鎖的に引きまくるデッキ。はたまた、装備コストを踏み倒せるカードと組み合わせたりと様々なことができます。

なぜ別格化というと、このカードは装備クリーチャーをマナクリーチャーに変えるという効果です。明らかに連鎖向きというかコンボ向きのカードになっています。

実際のところは、連鎖ドローなどではなく別のコンボで使われているんですけどね。それは後ほど。まず、価格情報です。

 

価格情報

極楽のマントル価格

高騰というのは少し大げさかもしれませんが、じわじわ伸びて半年で2倍以上になりました。

最安がしっかりついてきているのがポイントで、需要が高いことが一発で分かります。再録自体は6年前の初代モダンマスターズでしたあと一度もないので、需要があるなら当然の値上がりですね。

 

高騰理由

モダンのハンマータイムで使われています。良かったら以前、純視のメロウの記事で紹介しているのでご覧ください。(以前の記事はこちら。)

本来は巨像の鎚を装備コスト踏み倒し系カードで貼り付けて、2~3ターン目で殴り切ってしまおうというデッキですね。

巨像の鎚 シガルダの助け

メインの戦術以外のサブプランとして仕込まれているコンボに極楽のマントルが利用されています。

簡単に説明すると、純視のメロウに極楽のマントルを貼り付けると、好きな枚数デッキを掘り進めることができるというコンボです。

純視のメロウ タッサの信託者

装備品をサーチするカードがどちらの勝ち筋にも兼用できることもあって、手札次第ではスタートから狙いに行くこともあるみたいですね。純視のメロウも高騰カードで紹介しましたが、このコンボを搭載する形が主流になってきています。となると、値上がらない理由はないですね。

 

今後の予測

純視のメロウが落ち着いてきて結果450円ぐらいです。同じデッキに採用され、両者ともに10年以上前のアンコモンです。違う点を極楽のマントル目線で見ていくと、

・初出は古いものの、再録されている
・このコンボ以外にも違うコンボが多少はある
・無色なので汎用性がある

このあたりの違いを考慮しても少し純視のメロウよりも極楽のマントルの方が少し高いところにいるのが妥当でしょう。ということで、今の価格はほぼ適正だと思っています。まとめると、キープ予想です。

 

個人的な投資状況

6枚ありました。全部仕入れは50円!やったね!

問題はいつ売るかですが、ハンマータイムに採用されている枚数がまちまちなので少しやり辛いです。リストを見るとサーチできることもあって、1~4枚と様々でした。ということは4枚セットとかで一気に売るのが難しいので、2枚セットとかで出品しながら様子見かなと思っています。

 

まとめ

本日は極楽のマントルでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました