【MTG 高騰】アルゴスの古老 耳を鋭くせよ。

アルゴスの古老 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年11月9日現在

そういえば、以前MTGアカデミー マスターズにて販売した「MTG レアカード100枚パック ランダムかぶり無し」はかなり前に全ての発送を終わらせていますので、届き切っているころだと思います。内容はどうでしたでしょうか?一名、ご連絡を頂けて嬉しかったです。

今回の1枚

今日は少し古いカードを紹介します。かなりマイナーかな?統率者戦やってる方なら稀に見るかなと思います。ウルザズ・サーガより、アンコモン・クリーチャー。

アルゴスの古老 Argothian Elder です。

アルゴスの古老

耳を鋭くせよ。――― エルフの言い回しで「賢くなれ」の意

面白いフレーバーテキストですよね。マジックらしいジョーク感もあって、それでいて背景世界を覗くこともできます。素晴らしい。

そして、このカードは効果も面白く、シンプルな一行で書かれています。このカードをタップし、土地2つをアンタップする。良い感じに悪用できそうな効果ですよね。このカード自体は4マナとそこまで軽くないので、健全に悪用できる?カードになっています。

 

価格情報

アルゴスの古老価格

少しガタガタしていますが、上がってきていますね。

ここまで古いアンコモンがそもそも100円前後していたということは、わずかながらもともと需要があった証拠です。普通は10円とかで売ってますからね。それが上がってきたということは、新たに採用され始めたというよりは確固たる地位を確立したって感じでしょうか?

 

高騰理由

単純に統率者戦の需要です。流石にタイマン戦では悠長すぎるので、確定で統率者戦のみの需要だと思います。

10年以上前のサブタイプ変更でエルフに加えてドルイドを得ているのでそれ絡みのデッキか、マナを単純に伸ばしたいデッキで使う感じでしょうか?例えばこのあたり。

シートン 初代

アシャヤ

最近の顔ぶれもありますね。野生の魂、アシャヤゼンディカーの夜明けで登場したカードですが、緑単で安く組めるのが最高。マナクリーチャーを大量に並べる構築にするだけでそこそこの強さになるので、統率者戦を始めるのにうってつけのデッキになってます。普通に強いですね。

他には土地をガチャガチャする系のジェネラルが使うイメージです。これはいろいろありますが割愛。単純に起こした土地でマナを出して、クリーチャーをアンタップさせることができればぐるぐるしますね。

ちなみに上位互換のカードが存在します。造化の紡ぎ手です。

造化の紡ぎ手

共闘が付いてる点とクリーチャータイプだけが違いですので、上位互換というかほぼ同じカード扱いですね。こちらは最近に出たということもあり、安価で取引されています。

 

今後の予測

うーーーん。難しい。

まあ、十分な価格なんじゃないかなと思います。古いカードとはいえアンコモンで、かつ統率者戦のみでの需要。これ以上の値を付ける可能性もありますが、あまり期待できないでしょう。完全にカンでしか予想できないですが、ここらへんで止まるかなと思っています。

 

個人的な投資状況

1枚もありませんでした。見たことあったので、あると思ったんですけどね。

ここから買いなおすようなこともしなくていいと思うので、このカードについては何もなかったということで・・・。

 

まとめ

本日はアルゴスの古老でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました