【MTG 高騰】湖での水難 最近、本業がこのイラストのようです

湖での水難 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年10月1日現在

今回の1枚

もう10月ですね。今日は実力派の多色スペルをご紹介します。エルドレインの王権よりアンコモンの青黒インスタント。

湖での水難 Drown in the Loch です。

湖での水難

かなり幅広いフォーマットでの活躍が見られるカードですね。2つのモードから1つを選び使うことができます。

・呪文を打ち消す
・クリーチャーを破壊

この2つのモードを選べるカードですが、それが2マナのインスタントというのは破格と言わざるを得ません。その為、共通の条件が付いていて、対象に取った呪文orカードの点数で見たマナコストがコントローラーの墓地の枚数以下である必要があります。例えば相手の墓地にカードが3枚あれば3マナ以下の呪文を打ち消せ、相手の墓地にカードが10枚あれば10マナ以下のクリーチャーを破壊できるわけです。

ルール的な注意点としては、効果の解決前に何らかの方法で墓地の枚数が減ってしまうと立ち消えます。相手の墓地を増やせるようなカードとの相性がいいですが、墓地対策との併用が難しいのが難点ですね。

 

価格情報

湖での水難価格

上がってきてますね。

スタンダードで普通に使えるアンコモンですから、トップ優良アンコモンなのは間違いありません。ただ、エルドレインの王権は優良アンコモンの宝庫なので、他にも対抗馬がいるんですが今のところ一番だと思います。

 

高騰理由

スタンダードでのディミーアローグが登場したことが大きな要因ですが、相手のデッキを切削するというコンセプトのカードが多く、完璧に噛み合います。コントロール気味に戦うときもアグロ気味に戦うときも、どちらでも使えるのが良いですね。

今日は特にこれといって他にはないのですが、下環境になればなるほどフェッチランドがあるので1マナ付近の軽い呪文を弾きやすくなります。これからも色が合えば選択肢になるカードですね。

 

今後の予測

感覚値は400円ぐらい。これからもう少し上がるかなという予想です。

スタンダードではもちろんですが、各種フォーマットでも採用枚数が多い傾向にあります。需要は引き続きあるので、市場現存枚数が少なくなってきて更に高騰するかもしれませんね。

 

個人的な投資状況

10枚ありました。内4枚は使っています。もちろん、高止まりするまでキープする予定です。

もう少し買っておけば良かったかなと思っています。明らかに高騰する兆候はあったので、取りこぼしていますね。

 

まとめ

本日は湖での水難でした。

なかなか多忙で日付を超えてしまいました。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました