【MTG 高騰】ダク・フェイデン 多次元宇宙の大泥棒

ダク・フェイデン MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年9月30日現在

今回の1枚

今日は初代コンスピラシーのトップレアをご紹介します。イゼットカラーのプレインズウォーカー。

ダク・フェイデン Dack Fayden です。

ダク・フェイデン

読んだことはないのですが、マジックのストーリを追いかけたコミックの主人公だったらしいですね。マジック史上屈指の盗賊らしく、アーティファクトを盗み、調べることで魔法の知識を得ているようです。このエピソードがカードの能力にも表れています。

+1:対象のプレイヤーはカードを2枚引き、2枚捨てる。
-2:アーティファクト1つを対象とし、それのコントロールを得る。
-6:「パーマネント1つ以上対象とする呪文を1つ唱えるたび、それらのパーマネントのコントロールを得る。」を持つ紋章を得る。

+1は2枚のルーター。赤青らしい+能力は非常に使いやすいです。守ってあげれば毎ターン信仰無き物あさりが打てると考えると素晴らしいですね。

信仰無き物あさり

使う局面があるかどうかわかりませんが、他のプレーヤーに引かせることもできます。

そして、-2能力がメインになってきますが、自身のストーリーを再現した効果です。シンプルにアーティファクトを奪うことができます。特に制限がないのがすごいですね。どんなアーティファクトでも奪うことができるのは幅広いフォーマットでの活躍が期待できます。

最後に-6の効果ですが、ほぼ使うことはありません。ゲームを決められる効果ではないですね。そもそも、パーマネントを対象に取る呪文というのは除去であることがほとんどだと思いますので、意味がないことが多くなります。

 

価格情報

ダク・フェイデン価格

ここ2カ月ぐらいで上がってきてます。2か月前は平均2,000円だったのが、現在は2,000円で買えるところはほぼなさそうです。

とはいえ、この価格でも安い方だと思います。初動は4,000円ぐらいしていました。エターナルマスターズで再録した際に価格が下がったりしましたが、割と何度も上昇し、乱高下を繰り返しているカードです。再録も4年前のことですし、少し供給不足になっている感覚があります。

 

高騰理由

これといった高騰理由で分かりやすいものはありません。単純な供給不足と需要増の噛み合いだと思います。

特に需要が高いフォーマットはヴィンテージです。パワーナインをはじめ、有力なアーティファクトを奪いながらプレインズウォーカーを場に残す動きが非常に強力。そこまでクリーチャーの殴り合いが起きやすい環境ではないので、意外と場に残ってしまうのもヴィンテージならではの事情です。

あとは統率者戦なんかでも腐りづらい優良カードですので、採用されやすい傾向にあります。

 

今後の予測

統率者戦はもちろんのこと、ヴィンテージでも採用枚数が多いカードではありません。

今のところここまで予想です。何となく上がりそうな気がしますが、確証がありません。予想が難しいタイプのカードですね。

 

個人的な投資状況

2枚押さえていますが、まだ売らずに取っておこうと思います。

完全にカンなんですが、上がりそうだという感覚を信じて2,000円前後で見つけたら買い増そうかなと思ったり、思わなかったり。

 

まとめ

本日はダク・フェイデンでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました