【MTG 高騰】燃えがらもやの卑劣漢 鬼ヘイトが集中します。

燃えがらもやの卑劣漢 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年8月1日現在

今回の1枚

今日は面白いカードが高騰してきていたのでご紹介します。コモンらしいカードパワーなんですが、使い方次第では非常に厄介なカードです。シャドウムーア付近によくいたトリッキーな条件でアンタップできるクリーチャーシリーズより。

燃えがらもやの卑劣漢 Cinderhaze Wretch です。

燃えがらもやの卑劣漢

濃い煙はうねりねじれながら、はぜる燃えさしの上に現れる歯をガタガタ鳴らす顔を成していく。

5マナ、3/2という貧弱なスタッツにキーワード能力などはなし。効果としてはタップでプレイヤー1人に手札を捨てさせます。これは自分のターンだけ起動できて、自身に-1/-1カウンターを置くとアンタップできます

つまり、5マナと重く、クリーチャーなので召喚酔いする2枚ハンデスです。コスパは悪いですね。捨てるカードも相手が選びますし、普通に使えば同型・上位互換がいっぱいあります。有名なのはコモン常連の精神腐敗とかね。

精神腐敗

となると、クリーチャーであることを活かせなければ厳しいですね。

あとは勘違いしやすいルールとして、「自分のターンのみ起動できる」の一言。これをソーサリータイミングでのみ起動できると誤認するケースがあります。正しくは自分のターンであればインスタントタイミングでも起動できるので、間違えないようにしましょう。

 

価格情報

燃えがらもやの卑劣漢価格

良い感じにトリム平均が上昇。最安は動いてませんね。すでに落ち着きそうな雰囲気が漂っていますが、どうでしょうか?

再録は一度もなく、シャドウムーアにコモンで収録されたきりです。

 

高騰理由

このカードの神髄は自分から墓地に飛び込めるところでしょう。なので、墓地からカードを蘇生できるジェネラルとは抜群の相性を誇ります。特に今注目されているのが、骨の王、マークールです。

骨の王、マークール

自軍クリーチャーが墓地に行ったとき、そのクリーチャーをトークンにして蘇生します。このデッキの場合、役目を果たした後、墓地に落ちる設計になっているクリーチャーがシナジーするわけですね。

その中ではかなり回りくどいカードですが、何度も使われるハンデスはそこそこ影響力があります。ただ、問題はターゲットプレイヤーを指定しなくてはいけないので、思いっきりヘイト(=憎しみの意。カードゲーム的には多人数戦で他のプレイヤーから狙われる状況を指す)が向くことですね。出来れば複数人をハンデスした方がいいかも?でもそれだともっとひどいことになりそうな気もしますが・・・。

あとはジアーダの贈り物、ラクシオールで無限ハンデスになります。

ジアーダの贈り物、ラクシオール

これも理由の1つかも。ちょうど献身のドルイドが有名なコンボですが、これサイクルになってるんですよね。

献身ドルイド

-1/-1カウンターを置くとアンタップできる効果が共通していて、3種あります。

白:バレントンの衛生兵⇒1点軽減
黒:燃えがらもやの卑劣漢⇒ハンデス
緑:献身のドルイド⇒緑1マナを出す

ちょうど白黒緑のサイクルということで、ジアーダの贈り物、ラクシオールと一緒に揃ったらラッキーで全部入れても面白そうですね。

 

今後の予想

流石に一時的な高騰だと見ています。限定的な使われ方のコモンですから、需要に対して行きわたったら下がってくるでしょう。

同じサイクルの献身のドルイドはちょこちょこ再録しているので、いつかマスターズとかに入るかもしれないですね。

 

個人的な投資状況

ちゃんと4枚揃っていました。が、完全ノーマークでしたね。

特に使う予定もないので1枚を残して売ってしまおうと思います。

 

まとめ

本日は燃えがらもやの卑劣漢でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました