【MTG 高騰】Despotic Scepter 斜め上シナジー

Despotic Scepter MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年4月19日現在

今回の1枚

今日は「知る人ぞ知る」系のカードです。ただただ変な効果で、自分にメリットを全く生み出しません。が、そんなカードでもコンボが存在するのがマジックというものです。アイスエイジのアーティファクトを紹介します。

Despotic Scepter です。

Despotic Scepter

私たちはこんな怖ろしいものを望んでいたのではない。
こんなもの、見つけた場所にそっとしておけばいいのよ。
でなければ壊してしまえばいいわ!
――― ソルデヴィの異端者、ソリーン・レリックベイン

日本語版のないカードですが、一応「独裁の王笏」というカード名が当てられています。

効果はシンプルで、タップすると自分がオーナーのカードを破壊します。再生もできなくなるオマケ付きです。

自分のカードを破壊するカードなので、コンボ前提でしょう。単体では何もしないカードといっても良いです。ということで、コンボでの使い方がそのまま高騰理由になってくるので、それは後ほど解説します。

ちなみに、なんとレアです。当時、これがパックのレア枠から出てきた少年たちはどう思ったのでしょうか・・・。

 

価格情報

Despotic Scepter価格

だいぶガタガタしていますが、なんと1,000円を超えてきました。自分のカードを破壊するカードですよ?マジックって面白いね。

再録は一度もありません。再録禁止カードではないですが、リミテッドのことを考えるとこのカードを再録するのはかなり難しいと思います。

 

高騰理由

高騰理由の前に効果のポイントを解説します。このカードが破壊するのは「自分がオーナー」のカードです。つまり、相手にコントロールが渡ってしまった自分のカードを破壊することができます

この性質を活かして、最近出てきた統率者戦で使われています。この2体です。

喜劇の天才、ブリム 陽気な拷問吏、リンディ

なるほど。最高ですね。こんなシナジーがあるなんて。

喜劇の天才、ブリムは相手に上げてしまったパーマネントを処理する手段として、陽気な拷問吏、リンディは呪いを付けなおしまくってドローしまくる手段として、それぞれシナジーしています。

パッと見たときは自分のカードを破壊することで発動する効果のトリガーとして使うのかな?と思いましたが、そのもっと上を行ってきますね。恐れ入りました。今後も相性の良いジェネラルが出てきそう。ニューカペナの街角にあるのでしょうか?

また、実はレガシーでもたまに見かけるカードで、ロック型の暗黒の深部デッキが採用することがあります。

具体的には罠の橋などで相手を止めている間にコンボを決め、マリットレイジが出たらそれらを壊して殴りかかるデッキです。これも面白いですね。

罠の橋 暗黒の深部

大体の場合、サイドボードに用意しておいて、大いなる創造者、カーンで持ってくるパターンが多いようです。

大いなる創造者、カーン

 

今後の予想

再録が難しいということで、上がる一方だと予想します。今は短期間でジャンプアップした状態なので、ひとまずは落ち着くと思います。

最終的には2,000円超えたよ。となるカードだと思いますが、どうでしょうか?

 

個人的な投資状況

流石に持ってません。というか、最近知りました。マジックは本当に広く深いゲームですね。

いずれ、もっと面白いコンボが出てくる可能性があるので、1枚は買っておこうと思います。

 

まとめ

本日はDespotic Scepterでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました