【MTG 高騰】オパールのモックス 一度だけ完璧なる物に輝いた

オパールのモックス MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年3月11日現在

今回の1枚

わぁ・・・これどうすんの・・・。って価格になってしまったアーティファクトをご紹介。信頼と安心のMOXブランドですから何が起きても不思議ではありませんが・・・。初出はミラディンの傷跡。状況次第でパワー9をもしのぐマナファクト。

オパールのモックス Mox Opal です。

オパールのモックス

ミラディンの太陽は、かつて一度だけ完璧なる物に輝いたことがある。

もはや説明不要?でしょうか?アーティファクトをこのカード含めて3つコントロールしているとタップで好きな色のマナが出せます。言い換えるならば条件付き5色MOXですね。とんでもないカードです。唯一のデメリットは「伝説」ぐらいでしょうか?

アーティファクトを並べるデッキでは優秀なエンジンとして使われ、もうどこにでも入ると言っても良いでしょう。ただし、モダンでは2020年1月から禁止カードに指定されています。今思えばよく2020年まで残っていましたね。

 

価格情報

オパールのモックス価格

ついに10,000円を超えるどころか15,000円を超えてきました。最安も7,000~8,000円ぐらいの水準です。

大きな再録は二度経験していて、モダンマスターズ2ダブルマスターズでしています。どれも神話レアでの再録ですが、マスターズの貴重な神話レア枠を二度埋めたカードはどれも人気カードばかりで、その中の1枚です。名実ともに超優秀カードなのが分かりますね。他にもいくつか高額なバージョンで少量の再録は何度もありますが割愛。

 

高騰理由

おそらくレガシーの8castと呼ばれるデッキの台頭が主な高騰理由です。

思考の監視者 物読み

ミシュラのガラクタ ウルザのガラクタ

このデッキが神河:輝ける世界の統率者デッキで新フィニッシャーを獲得。話題の河童の砲手ですね。

河童の砲手

さっそく大きな大会でも結果を残していて相当強いです。何度か対戦しましたが、この河童?亀?戦士?めちゃくちゃ強い・・・。除去耐性がえぐいなー、と思ってたんですが、真の優秀ポイントは「ブロックされない」ですね。ほんとライフを素通りで削り取ってくるのは勘弁していただきたい。しかも2ターンぐらいで決めに来ないでほしい。

もちろん禁止になっていないレガシーでアーティファクトデッキを使うならほぼ4枚フル投入(3枚とかもあるけど)。ということで、さらに一段価格のステージが上がったということのようです。それにしても上がりすぎですが・・・。

一応、冷静になって価格を分析するとダブルマスターズの時の特殊バージョンやジャッジ褒賞、カラデシュのマスターピースなどの高額バージョンがグラフを押し上げている説はあります。通常のバージョンも高額なのは間違いないですが、少し大げさなグラフになってしまっているのには注意が必要でしょう。

 

今後の予想

最安は10,000円に届くかどうか?ちょっとこれに関しては難しい気がします。トリム平均的に異常な値動きを見せていますが、これは高い水準で維持されそう。

予想としては最安8,500円ぐらい、トリム平均は12,000円ぐらいのところを行ったり来たりすると見ています。

 

個人的な投資状況

7枚あります。昔、親和を使っていたのでその時の残りとダブルマスターズでよく引いたんですよね。ありがたい限りです。

今のところは様子見ですが、あまりにも上がる用なら余っている3枚は売ってしまおうと思います。

 

まとめ

本日はオパールのモックスでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

  1. こういう強いデッキの軸になるカードが高騰するのは常ですが、一方でメタれるカードも上がる可能性あるのを忘れてはいけませんね。
    つまりは河童になるカード達ですね。最初、青の防御円が売れ始めたのはさすがに末期かと思いましたが…議会の採決が有力視されてるみたいですね。
    このカードも、ダブマス再録以降は強いカードなんですが底値だったので期待しています。

    • 私も議会の採決は無限回収中です。
      白のダブルシンボルだけが弱点ですが、元々白が入っているデッキであれば選択肢ですね。
      ほぼ間違いなく上がってくると思ってます。

  2. ヨウ♪そこの上のコメントの知的なお姉さん。
    自分もほとんど同じ意見だYo♪(性別:Femaleだと勝手に決めつけ)

    カノントータスくんを会議で追放するのは確かにCOOLなideaだ。
    ある意味、一番丸い対策カードだしね。
    でも、自分はその意見にビンジョーする形で、
    “攻撃制限系カード”、“弱体化カード”、 “攻撃など無意味だ系カード”。
    こっちの方の需要うpの可能性もあると思ってるYo♪

    平和の番人、罠の橋、謙虚、独房監禁etc.
    特にブリッジくんみたいなのは、白マナ無くてもEからねぇ。
    白じゃないデッキから、ご指名入るかもYo?

    • 良い選択肢ですね。
      ただ、独房監禁以外は自分も殴れなくなるので、議会の採決よりも逆にデッキを選ぶ説があります。
      こういうのを考えるのも面白いですね。

タイトルとURLをコピーしました