【MTG 高騰】調和の中心 1マナってのが現代基準ではない

調和の中心 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年11月12日現在

今回の1枚

今日は高騰しているのですが、バージョンによっては少し下がる動きを見せているカードです。だいたいの場合でトリム平均が上がれば、最安は上がるかステイかの二択ですからね。面白い動きだと思います。初出はレジェンドになるのかな?

調和の中心 Concordant Crossroads です。

調和の中心

かなり古いカードですね。効果は長々書いているように見えますが、現代のテキストはこうなります。

すべてのクリーチャーは速攻を持つ。

非常にシンプルですね。速攻を持つのは全てのクリーチャーなので、相手クリーチャーも速攻を持ってしまう点に注意。構築の際は多少相手のクリーチャーに速攻が付こうが関係ないぐらいのスピードを持って、押し切るデッキになるかと思います。

ちなみに、ワールド・エンチャントというタイプを持っていて、戦場にタイプ「ワールド」を持つパーマネントは1枚しか存在できません。複数枚戦場に出たときはあとから出たほうだけが残ります。レジェンドルールのようで、そうでない面白いルールですね。

 

価格情報

調和の中心価格

トリム平均はなんと10,000円越え。が、最安は下がっています。

バージョンとしては黒枠のレジェンド版と白枠のクロニクル版(日本語は黒枠)がありますので、やはり初出で黒枠のレジェンド版が人気です。それを踏まえて高騰理由をどうぞ。

 

高騰理由

まず、大前提としてこのカードをどう評価するかでいうと、高騰記事で紹介しておいてなんですが落ち着いてきています。ただし、手に入りにくい黒枠のレジェンド版は上がってきている。って感じでしょう。

ここまで古いカードになると在庫が少なくなり、高く出していたショップだけが残ってトリム平均が大幅に上がったりするものです。これはカードの人気が有る無しに関わらず、経年で発生するものだと思います。

では、使われていないか?というとそんなことはありません。統率者戦で活躍中です。使われているのは速攻を活かして殴るデッキかと思いきや、どちらかというとタップ起動の効果を持ったジェネラルのコンボ始動を早める目的で使われています。特に首席議長ヴァニファールがとんでもないことに・・・。

首席議長ヴァニファール

首席議長ヴァニファールをキャストしたターンに効果が起動できるようになるので、マナクリーチャーを絡ませれば最速3ターンぐらいで決まってしまうことも。1マナという軽さが効いてくるわけです。

もちろん、殴れるジェネラルでも使えますが、相手に速攻を与えるデメリットを軽減するためにもやはりこういったコンボデッキが相性良いと思います。

 

今後の予想

落ち着いてくる予想です。引き続き黒枠のレジェンド版は手に入りにくいと思いますが、白枠のクロニクル版は今の価格が割と妥当だと思います。

古いカードであることには変わりないので、長い目で見れば上がってくるかもしれませんが、現状はキープか下げるでしょう。

 

個人的な投資状況

1枚も持ってません。今のうちに買っておこうかと画策中。統率者戦で使うときが来るかもしれませんし、1枚ぐらいなら持っておきたいかな。

こういうカードって、買おう買おうと思ってたらいつの間にか上がってたりするよね。笑

 

まとめ

本日は調和の中心でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました