【MTG 高騰】龍王ドロモカ より大いなる家族の一員となるために

龍王ドロモカ MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年8月28日現在

今回の1枚

パッと見ただけで強いカードってありますよね。マナコストが重くても、着地したら圧倒的な制圧力を誇るカードは特に「強いな」と感じることが多いと思います。それがドラゴンだったりすると更に強く感じますね。今日はタルキール龍紀伝の神話レアドラゴンを紹介します。

龍王ドロモカ Dragonlord Dromoka です。

龍王ドロモカ

ドロモカの信奉者たちは、より大いなる家族の一員となるために自らの血の繋がりを捨てる。

6マナ、5/7というガッシリボディにメリット能力が4つ付いています。

・打ち消されない
・飛行
・絆魂
・自分のターン中、相手は呪文を唱えられない

やはり、最後の効果が特に優秀ですね。決定的なフィニッシャーとして使ってもよし、自分の動きを押し付けるコンボに使うこともできます。

6マナというマナコストの重さだけがネックですが、とにかく着地した時の制圧力が凄い1枚ですね。

 

価格情報

龍王ドロモカ価格

知らなかった。こんなに上がってるんですね。最安はあまり動いていませんが、トリム平均はいつの間にか凄いことになっています。

再録はほとんどなく、いつかのthe Listに一度だけ入っただけで、実質ないような状態です。

 

高騰理由

もともと、パイオニアの実力派カードとして使われてきました。自分の動きを通したいコンボデッキで使われているのですが、少し事情が違います。どちらかというとコンボデッキの奥の手として使うようです。

つまり、コンボデッキがメイン戦を戦い、2戦目以降サイドボードで投入すると、除去を抜いた対戦相手は成すすべもなくこのファッティに踏みつぶされる。というわけです。特に打ち消しを増やして対応するデッキの場合はどうすることもできないタイプのクリーチャーです。思った以上にぶっ刺さるカードなのかもしれません。

この戦略自体はパイオニア制定当初からあった考え方ですが、徐々にその実力が認められてきての高騰だと思います。また、英語版が極端に高いらしく、海外人気もあるみたいですね。

もちろん、統率者戦でも超強力です。出した後、グダってる間に無限コンボのパーツが揃ったりしたら面白いことになりますね。

 

今後の予想

最安は近いうちに削れて来ると思います。トリム平均は今の価格が出来すぎなぐらいなので、最安だけが上がってくる予想です。最安1,000円ぐらいかな?

ほしい方は早めに買っておくことをオススメします。

 

個人的な投資状況

2枚ありました。パーツを抜きまくって機能していない統率者戦のドラゴンデッキに1枚は入れっぱなしになっています。幸運なことに1枚は英語版なんですよね。ラッキーでした。

特に使う予定もないですが、もしかしたらパイオニアでコンボデッキやるかもしれないので取っておこうと思います。

 

まとめ

本日は龍王ドロモカでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました