【MTG 高騰】悪魔の意図 サーチカードをトップした方が嬉しい説

悪魔の意図 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年5月28日現在

今回の1枚

今日はプレーンシフトの黒いレアソーサリーを紹介します。いつの間にか凄い価格になっていて、そこそこ使われています。

悪魔の意図 Diabolic Intent です。

悪魔の意図

画像はバトルボンドで再録された時のイラストです。個人的にはこちらの方が好きなので、あえて変えてみました。

効果を簡単に解説します。まず、唱えるのに黒を含む2マナとクリーチャーを1体生け贄にする追加コストが必要です。そして、メインの効果はデッキから好きなカードを手札に加える、いわゆる教示者カードです。教示者の中でも汎用性に関しては最強である悪魔の教示者の調整版といったところでしょうか?

悪魔の教示者

クリーチャーの生け贄が必要なものの、選んだカードは直接手札に入るので、即効性があり良い感じですね。

 

価格情報

悪魔の意図価格

こんなするとは知りませんでした。もともと1,000円超えてたのもビックリ。

たしかにバトルボンドで再録する前はそのぐらいしていた気がしますが、再録して300円ぐらいまで落ちていたのでいつの間にもとに戻った?というか元の価格をはるかに超えているのが衝撃的です。

 

高騰理由

一つは統率者戦の需要なのは誰もが気付いていると思います。統率者戦はデッキが100枚かつすべてのカードが1枚制限なので、サーチカードは他のフォーマットより重要になってくるわけです。悪魔の教示者がもちろん使いやすいのですが、2枚目の悪魔の教示者としての運用がメインだと思います。

あとは最近流行りのセッジムーアの魔女なんかと合わせてレガシーで使われていることもあるみたいです。

セッジムーアの魔女

レガシー基準の動きかというと微妙ですが、面白そうですね。

古くはニックフィットと呼ばれる老練の探険者を能動的に墓地に落としてマナ加速するデッキがあったのですが、そこにも採用されていたことがあります。

老練の探険者

今も使われているらしいですが、どうなんでしょうか?

意外と使い道が多く、いろいろやれるというのが高騰理由だと考えています。

 

今後の予想

おそらく、少なくともここ5年ぐらいでは最高値になっているはず。上がり切った感は正直ありますね。

価格の予想としては最安があまり動いていないどころか、下がっていたりするのでキープ予想です。最安は1,000円前後、トリム平均は2,000円前後で落ち着く感じかなと思います。

 

個人的な投資状況

1枚だけ持っていて、使っています。ネル・トース族のメーレンで使うと非常に楽しいのでオススメです。

ネル・トース族のメーレン

この1枚はもちろん売りませんが、いつかまた再録されたら値段が下がると思うので、追加数枚買いたいなと思っています。

 

まとめ

本日は悪魔の意図でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました