【MTG 高騰】超次元レンズ ミラディンファクトは悪さしかしない

超次元レンズ MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。

2021年4月12日現在

今回の1枚

今日は少し変わったマナ加速アーティファクトをご紹介します。マナファクトなんて呼ばれるタイプのカードは多数ありますが、その中でもこのカードは決まった時の爆発力は随一です。アーティファクトと言えばミラディンより。

超次元レンズ Extraplanar Lens です。

超次元レンズ

長々といろいろ書いてますね。つまりこういうことです。

まず、3マナで戦場に出たときに自分の土地を1枚追放します。その追放した土地はこのカードに刻印された扱いになるので、分かりやすく下に重ねておくのがオススメです。そして、刻印された土地と同じ名前の土地は追加で1マナ出ます。

テキストは長いですが、やってることは土地を1枚失う代わりに、同じ名前の土地からマナが追加で1出るよ。ということです。

事実上、単色限定の効果ですね。基本土地を追放するのがもっとも効果を最大化できます

 

価格情報

超次元レンズ価格

途中、異常値がありますが、全体的に見ると約2,000円だったカードが5,000円オーバーになってますね。

最安が付いてきていないのが若干気になりますが、高騰カードとしました。おそらくFOILやマスターピースに引っ張られて値上がったように見えている軸はありますが、使われているのは間違いないので。

 

高騰理由

統率者戦の需要です。単色ジェネラルで使われています。例えば、この人たち。

果敢な勇士リン・シヴィー 野生の魂、アシャヤ

単色だけど、ある程度マナを伸ばしたいデッキが使っているみたいですね。

ちなみに、追加でマナが出る効果は対戦相手にも影響します。ということは同じ色の単色デッキはもちろんですが、基本土地を刻印する以上、色が被っているだけでプレゼントをしてしまうことがあるわけです。多少のリスクがあることは覚えておきましょう。

 

今後の予測

もう少し上がる予想。十分な価格なので、大幅に上がることはないと思っています。あとは最安が付いて来れば本格的な高騰だと言えそうです。

あとは再録の少なさを考慮しておいた方が良いです。先ほども触れましたが、カラデシュの時にマスターピースで入ったきり再録がありません。おそらく、直近で再録されるイメージはないですが、再録されたら暴落するタイプのカードなので気を付けていたいですね。

 

個人的な投資状況

1枚だけ持っています。統率者戦で使ってましたが、今は使ってないですね。

もう少し上がったところで売ってしまっても良いかなと思っています。

 

まとめ

本日は超次元レンズでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました