【MTG 雑記】禁止改定速報! ガラッと変わるね

ティボルトの計略 MTG 雑記
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2021年2月16日現在

はじめに

今回は速報的に2/15(日本時間2/16)の禁止改定についての記事です。予告されていたように禁止改定の告知がありました。公式の発表を見つつ列挙し、後から追記していきます。

禁止カード

今回多いです。

パイオニア

欄干のスパイ 禁止
時を解す者、テフェリー 禁止
地底街の密告人 禁止
自然の怒りのタイタン、ウーロ 禁止
荒野の再生 禁止

ウーロはパイオニアレベルじゃないかな?いない方がいいし、禁止で。

それと3テフェがいるとニヴ再誕デッキを強くしすぎてる感じがするから消します。そんで3テフェがいないと荒野の再生が暴れる気がするもんで、事前に対策して退場させるけど、すまんね。

欄干のスパイ地底街の密告人を使った土地なしデッキが流行ったけど、このデッキって普通の対策がなかなか効かないよね。数も多すぎるし、いない方が楽しいでしょ?

 

モダン

死者の原野 禁止
神秘の聖域 禁止
猿人の指導霊 禁止
ティボルトの計略 禁止
自然の怒りのタイタン、ウーロ 禁止

ウーロはパイオニアと同じ。他のデッキが活躍しにくくなるからバイバイです。

で、問題の土地カードを2種消すことにしました。死者の原野神秘の聖域は土地を使うランプデッキやコンボデッキにすんなり入って悪さしてるね。なので、ダメです。

猿人の指導霊は前々からコンボの高速化パーツとして問題視していましたが、他の対策カードが間に合わないのは健全じゃないよねってことで禁止にします。

ティボルトの計略は出たばかりだけど続唱との組み合わせはやっぱ良くないよね。環境をより面白いものにするために残さない方が良いでしょう。

 

レガシー

アーカムの天測儀 禁止
戦慄衆の秘儀術師 禁止
王冠泥棒、オーコ 禁止

レガシーはまあまあバランス良いけどオーコはちょっと幅利かせすぎだよね。いろんな問題を解決しすぎてしまうから入れ得になってるのは良くないからバン!

アーカムの天測儀は多色化を咎めるカードが効かなくなるので、マナ基盤を安定させすぎてしまうね。みんなが沢山の色を簡単に使える状況は良くないから禁止です。

戦慄衆の秘儀術師はオーコを消した後のデルバー系デッキが一強になっちゃう気がするんで、合わせて調整しときます。

 

ヴィンテージ

夢の巣のルールス 禁止解除

相棒のルール変わったし、ルールスはたぶん大丈夫。たぶんね。またなんかあったら消すけど、ひとまず禁止解除します。

 

ヒストリック

創造の座、オムナス 一時停止⇒禁止
自然の怒りのタイタン、ウーロ 禁止

特に紙に影響ないので割愛。

 

ルール変更

続唱のルールが変更。公式のリリース丸ごとコピー。

702.84a 続唱は、続唱を持つ呪文がスタックにある間にのみ機能する誘発型能力である。「続唱/Cascade」は「あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、点数で見たマナ・コストがこの呪文より低い土地でないカードが取り除かれるまで追放する。その点数で見たマナ・コストがその呪文の点数で見たマナ・コストよりも小さいなら、あなたはそのカードをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。その後、これにより追放されて唱えられなかったすべてのカードを、あなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。」を意味する。

今までは続唱でめくれた呪文をただで唱えられる。だったので、めくれた呪文をどうプレイするかはプレイヤー次第でした。例えば、カルドハイムで登場した表裏の要素を持つカードだった場合、挙動はこんな感じ。例を挙げてみます。

今まで

①3マナの続唱呪文を撃つ
②2マナのカードがめくれる
③その2マナのカードをただで使えることが確定し、モードを選んで唱える

これが今までの挙動でした。つまり、表が2マナ以下で続唱の基準に引っかかったらそれを唱えることは確定し、そのあとどんなマナコストであろうと裏面を選択して唱えることができていました。が、変更後はこんな感じになります。

変更後

①3マナの続唱呪文を撃つ
②2マナのカードがめくれる
③その2マナのカードをただで使えることが確定し、2マナ以下のモードを選んで唱える

これにより、3マナの続唱呪文から表2マナ裏7マナみたいなカードがインチキできなくなりました。もちろん表も裏も2マナの場合、どちらかを選んで唱えることは適正です。

表裏のモードを持つカード以外に「出来事」を持つ呪文も同じ解釈になりました。直観的で、良い改定だと思います。

 

追記

大量の禁止裁定ですが、割と納得できるかな?と思います。一晩じゃ環境のメタは分かりませんが、どのフォーマットも面白くはなりそうです。

特にパイオニアかな。ビートダウンがもコントロールも活躍の余地があると思います。

どのフォーマットも楽しみですね!デッキの中、入れ替えめんどくさいけど・・・。(モダンに猿人の指導霊使ったデッキが3つある・・・。あと神秘の聖域もか。)

 

まとめ

本日は禁止改定速報でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました