【MTG 高騰】苛立たしい小悪魔 1マナ4/3 or 1マナ4点

苛立たしい小悪魔 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
困るぐらい売れすぎてますので、いつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年11月14日現在

今回の1枚

今日のカードが高騰したのは2ヶ月くらい前のことです。何ですが、追い風が来そうな気がしたのでここで紹介することにします。アヴァシンの帰還より、超コスパのレアクリーチャー。

苛立たしい小悪魔 Vexing Devil です。

苛立たしい小悪魔

誰かが痛い目に遭うまでは面白くもない。

1マナ4/3。異常に優秀なスタッツを持つウィニークリーチャーです。もちろん大きなデメリットが付いていますが、このサイズはやはり魅力的ですよね。しかも相手のライフを詰めることに特化した赤というのもポイントが高いです。

そして、デメリットはというと俗にいう懲罰者能力というもので、「ダメージ受けるなら、無かったことにできるよ?」と相手に尋ねるタイプのカードになっています。この能力を持つカードのほとんどが赤いカードですね。苛立たしい小悪魔の場合は「4点受けるなら、場に残らないよ?」と尋ねることになります。

ざっくり評価すると、どちらを選ばれても強いです。ダメージを選んだ場合、1マナ4点火力というダメージを叩きこまれます。稲妻を超える効率を持つ本体火力ですね。そして、クリーチャーとして出た場合は4/3と圧倒的な性能を誇ります。次のターンから4点で殴られることを考えるとダメージを受けてしまった方が良いとも言えますし、かといって1マナ4点火力は受けたくないし・・・。ジレンマを産むカードですね。

 

価格情報

苛立たしい小悪魔価格

9月ごろに上がった時には最安がそこまで付いてこなかったので、高騰カードとしては紹介しませんでした。

ただ、ここへきて最安が少し上がってきたんですよね。更なる高騰の予感を感じたので、このタイミングでの紹介としました。

 

高騰理由

使われているのはもちろんモダン。想像通りバーンがメインの活躍先ということになります。サイドボードを上手く使い、クリーチャー除去が多い相手に対してはサイドアウトするような使い方のようです。

他には最近流行りの赤黒系のビートダウンにも使われています。最近、スカイクレイブの災い魔で強化されました。

スカイクレイブの災い魔

自分も相手もライフを削ることで力を増すカードなので、更に相手の選択を難しくしますね。いつでも強いバーンと流行りの赤黒系のビートダウンに採用されれば、注目は上がるのも当然でしょう。

残念なのはギリギリでパイオニア圏外なんですよね。もし、パイオニア圏内だったらボロスバーンが強いので手が付けられないほど活躍していたかもしれません。

 

今後の予測

強きに値上がり予想。最安がここから更に上がってきて、全体的に値上がりすると予想しています。

赤黒系のビートダウンが結構幅を利かせているので、採用のされ方次第では800円ぐらいまで行くポテンシャルはあるはず。ないかな?

 

個人的な投資状況

アルティメットマスターズ版も合わせて6枚あります。アルティメットマスターズで再録されたのを忘れたましたね。

再録されたのに上がってきているというのは地力の強さを感じます。なんにせよ上がるの待ちです。

 

まとめ

本日は苛立たしい小悪魔でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

  1. チャンドラの焼却者バーンの2t目ムーブとして半就職しましたね。

    赤単色に寄せると安価に組め、MOでもちょい入賞するくらいの強さなので、モダン参入者に勧めやすいデッキと思ってます。

    有名人やYouTuberが紹介してバズれば平均上がるかなぁと読んでます。

    ただ「生殺与奪の権を他人に握らせる」カードでもあるため、大流行にはもう1枚パートナーが必要でしょうか…

    私にとっても期待のカードです。

    • コメントありがとうございます。
      素晴らしい分析ですね。
      ありがとうございます。
      個人的な”もう1枚パートナー”の予想としては「4点与える」ことが大事なカードとかどうでしょうか?
      あと一押しですよね。
      何かあれば跳ねると思います。

タイトルとURLをコピーしました