【MTG 高騰】核の占い師、ジン=ギタクシアス 圧倒的支配力

ジン MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

このブログはカードゲーム副業で月5万円稼ぐためのMTGブログをコンセプトに
”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介しています。
この記事を読めば、価格情報や環境、そのカードの強みなどが余すところなく分かって頂けるはずです。
筆者の今後予想も隠さず書いてますので、ぜひカード売買の参考にしてみて下さい。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

ほぼ毎日更新していますので、よかったら他の記事、今後の記事もよろしくお願いいたします。



2020年8月31日現在

今回の1枚

今日は派手。とてつもなく派手な大型クリーチャーをご紹介します。新たなるファイレクシアより神話レア法務官。

核の占い師、ジン=ギタクシアス Jin-Gitaxias, Core Augur です。

ジン

「これは目的ではなく過程だ。完全なファイレクシアを創るための過程なのだ。」

新たなるファイレクシアの法務官サイクルですね。青担当がこの核の占い師、ジン=ギタクシアスです。この法務官サイクルは各色に存在し、キーワード能力1つ自分が得する効果相手が損する効果を併せ持った大型クリーチャーのサイクルで、全て神話レアで統一されています。

白:大修道士、エリシュ・ノーン
→警戒。自軍クリーチャー+2/+2。相手クリーチャー-2/-2。

青:核の占い師、ジン=ギタクシアス
→瞬速。自分の終了ステップに7枚ドロー。相手手札の上限が0になる。

黒:囁く者、シェオルドレッド
→沼渡り。自分のアップキープにリアニメイト。相手のアップキープにクリーチャー生け贄。

赤:隠れしウラブラスク
→自軍クリーチャー速攻。相手クリーチャーはタップで出る。
※キーワード能力はないものの、実質速攻持ち

緑:飢餓の声、ヴォリンクレックス
→トランプル。自分の土地から出るマナが+1。相手の土地は2ターンに1回しか起きない。

並べて見ると、5種とも派手で決定的な効果を持っているのが分かりますね。この中でも一番マナコストが重いのが核の占い師、ジン=ギタクシアスです。

効果は上記の通りですが、おさらいすると毎ターンの終了ステップの開始時に7枚引けます。グリセルブランドも真っ青なぶっ飛びドロー効果ですね。それと相反する効果として相手の手札の上限を7減らす。つまり、手札の上限が0になるので、相手はターンエンド時に手札を全て捨てることになります。

いろいろありますが、この効果がどういうものか簡単に説明すると、戦場に出た後、ターンが一周すれば、ほぼゲームに勝利できるという効果ですね。

 

価格情報

ジン価格

ポンっと上がってきましたね。

アイコニックマスターズへの再録で価格が下がっていましたが、ほんとはもっとポテンシャルのあるカードです。とにかく、アイコニックマスターズというのが良くなかった。史上唯一、定価を割ったマスターズですからね。ダブルマスターズも怪しいけど・・・。

 

高騰理由

イコリア:巨獣の住処が発売し、相棒メカニズムが猛威をふるった期間がありました。のちにルール変更で弱体化することになるわけですが、最近やられている方なら全フォーマットでトップ8全部が相棒を使ったデッキで埋め尽くされたことを覚えている方が多いはずです。その中でも、ひときわスタートダッシュがすごかった相棒クリーチャーがいます。深海の破滅、ジャイルーダです。

ジャイルーダ

パイオニア、モダン、レガシーとジャイルーダコンボと呼ばれるアーキタイプで発売直後から大活躍。特にレガシーでは先行1ターンキルが多発する事態になりました。旧ルールでは手順も分かりやすく、

①6マナまで伸ばす
②サイドボードからジャイルーダをキャストする
③デッキの中に大量に入っているコピー能力を持ったクリーチャーがジャイルーダのコピーとして場にでる
④ひたすら③が繰り返される
⑤速攻を付与できるようなカードが出てきてフルパンチ

みたいな感じでした。レガシーだとこれが1ターン目に決まるわけです。

ただ、ルール変更で弱体化。その後は連鎖できるような構築ではなく、ジャイルーダを単純にメイン投入して6マナ6/6のジャイルーダと一緒に更にデカいクリーチャー出れば儲けもん。みたいな使われ方にシフトしています。

そこで、新たなるフィニッシャー候補として上がっているのが核の占い師、ジン=ギタクシアスというわけですね。ちょうどマナコストも偶数で色もあっています。色があっていることを活かして統率者戦でも活用できますね。

他にはレガシーのリアニメイトなんかでも使われてたりしますので、まだまだ活躍の場は増えていきそうです。

 

今後の予測

過去は1,000円前後というのが相場でした。枚数を多く採用するタイプのカードではないので、ここが限界かなと思っています。

もっと言うとジャイルーダコンボは様々なパターンがいまだに研究されているアーキタイプです。正直、核の占い師、ジン=ギタクシアスが入っていないリストも多く見かけます。今後リストが固まってきたら評価が変わってくるかもしれません。

 

個人的な投資状況

6枚ありました。アイコニックマスターズの時に集めたものですね。1枚は自分で使っています。

しばらくようすを見ようと思いますが、上昇が完全に止まったら1枚ずつ売っていこうかなってのが今のところ考えてることです。

関係ない余談ですが、名前かっこいいよね。核の占い師、ジン=ギタクシアスってさ。ちなみに、私はジンと言いますが、全く関係ありません。笑

 

まとめ

本日は核の占い師、ジン=ギタクシアスでした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました