【MTG 高騰】聖域の番人 今なら限りなく破壊不能に近い

聖域の番人 MTG 高騰
スポンサーリンク

MTGアカデミーへようこそ。管理人のジンです。

MTG×お金×ブログ
マジックとお金の話を毎日のように更新し続けているブログです。
カード売買の参考にどうぞ。

Twitterアカウント
毎回記事を更新したらツイッターに投稿していますので、是非ともフォローお願いします。
また、リツイートも是非!
自由に話題として使ってください。

また、BASEにてマジックのまとめ売りなども販売中!
BASEショップ=MTGアカデミー マスターズを紹介した記事はこちら。
売れすぎでいつも在庫がありませんが、たまに復活します。
ご注目ください。

YouTubeチャンネル
ライブ配信を中心に細々と活動中。
配信するときはTwitterで告知してますので、良かったらぜひ。

他の記事や今後の記事もよろしくお願いいたします。

2022年9月17日現在

今回の1枚

今日もスタンダード関連の高騰カードをご紹介。環境が変わって、いろんなカードが日の目を見るようになるのはローテーションの醍醐味ですよね。ニューカペナの街角より、神話レアの天使をご紹介します。

聖域の番人 Sanctuary Warden です。

聖域の番人

神話レアと言えば能力モリモリのカードが多いですが、このカードも例にもれずモリモリです。まず、6マナ、5/5、飛行。少し重いかなという印象ですが、悪くないスタッツだと思います。

そして、戦場に出るときは盾カウンターが2つ乗った状態で場に出るわけですが、少し解説。盾カウンターとはざっくり言うと破壊とダメージを一度だけ免除する効果で、破壊されるときかダメージを受けるときそれをなかったことにして盾カウンターを取り除きます。盾カウンターの細かいルールは以下の通り。

・置換効果である(誘発型能力ではない)
・取り除くのは強制。たとえ1点ダメージでも取り除く
・置かれたパーマネントに能力を付与しているわけではない
・生け贄、追放などの破壊以外の除去には無力
・ダメージをなかったことにするのは軽減扱い
・軽減できないダメージを受けた場合、ダメージをもらいつつ盾カウンターも失う

長々と書きましたがクリーチャーがやられづらくなる効果なので、相手からすると割と厄介な効果でしょう。ちなみに、このカードは今のところ自身の効果で同時に盾カウンターを2つ得られる唯一のカードです。対峙すると分かりますが、破壊とダメージを2回無効にしてくるのは実質破壊不能みたいなものですね。かなり固いです。

更にもう1つの効果が、戦場に出るor攻撃時に自分のクリーチャーorプレインズウォーカーからカウンターを取り除くと1枚ドロー+1/1トークンを生成します。カウンターの種類に指定はないので、最悪自分自身の盾カウンターを取り除いてもOK。出来れば-1/-1カウンターのようなデメリットとなるカウンターを取り除きつつドローとトークン生成ができれば最高ですね。

 

価格情報

聖域の番人価格

発売当初は評価が高く、1,000円近い価格で取引されていました。とくにリミテッドにおいて盾カウンターがめちゃくちゃ強いこともあり、トップレアもあるのでは?と言われていましたが結果はご覧の通り。

ただ、直近になって回復してきており、500円に届きそうな勢いです。最安もついてきているので反撃開始といったところでしょうか?

 

高騰理由

6マナクリーチャーが下環境で活躍するイメージがありませんので、必然的にスタンダードの需要ということになります。高騰理由としてはシンプルに「天敵が減ったから」というのと「リアニメイトデッキで使うから」ですね。

まず、天敵というのはこの2枚です。

悪意の熟達 消失の詩句

よく使われていた追放除去がローテーションにより環境から退場。かわりにヴェールのリリアナという天敵が入ってきたのですが、1/1トークンを産み出す効果でケアできるのでそこまで苦になりません。

ヴェールのリリアナ

そして、活躍場所は赤白またはナヤカラーのリアニメイトデッキです。

鏡割りの寓話 報復招来

釣ってくるクリーチャーの候補として、赤白の場合は聖域の番人と先日紹介した夜明けの空、猗旺。(以前の記事はこちら。)

夜明けの空、猗旺

ナヤカラーの場合は産業のタイタンが候補になってきます。

産業のタイタン

ただ、現在のスタンダードにおいて最有力のリアニメイト呪文が白のマナ拘束が強い報復招来だということもあり、赤白にまとめるタイプが主流に。ちょうど+1/+1カウンターをばらまく効果と相性が良いこともあり、聖域の番人が釣り上げ先としてのファーストチョイスになっています。デッキからピンポイントで墓地に送れるようなカードもないので、手札入れ替えや切削などで墓地に用意する関係上、4枚採用がベター。ということで高騰ということになりました。

 

今後の予想

初動の1,000円まで戻ると見ています。

今のスタンダードは墓地対策がそこまで多くないこともあって、広くいろんなデッキと互角に渡り合えるのがリアニメイトです。各種黒系ミッドレンジを苦手としていないので、今後も人気デッキの一角であり続けると思います。

 

個人的な投資状況

2枚ありました。慌てて買い増しに走っていますが、もう安いところはないですね。乗り遅れました。

持っている2枚の内、1枚はさっそく統率者戦で使っています。全体除去が来てもしれっと生き残るのが良いですね。基本はドロー効果を1回使って、1回破壊から耐えてくれればいいかなぐらいでとらえています。

 

まとめ

本日は聖域の番人でした。

 

コメントでご意見などいただけますとうれしいです。

なんせアカデミーを名乗ってますもので、知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。

それでは、マジックで稼いで、好きなカードを沢山買いましょう!
もっと、盛り上がれ!マジック・ザ・ギャザリング!

MTGアカデミーのジンでした。
他の記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました